マリアテレジア大阪/驚きの1日最高50万!梅田の優良老舗高級デリヘル

フリーワード店舗検索
全国TOPへ
関西の風俗求人バイト

HajiQ(はじキュー)インタビュー

―実際にお店で働く志保さんに直接インタビューしてきましたよ。

―ではインタビューを始めます。よろしくお願いします。

はい、よろしくお願いします。

―まずはお名前とご年齢のほうお伺いしても大丈夫ですか?

はい。えっと、星野志保で、27歳です

―27歳、志保さんですね。オッケーです。こちらのお店はどのぐらい働いてますか?

―入店歴についてお伺いしました。

うーん。大体1年半から2年ぐらい

―あ、じゃあ結構長いんですね?ベテランというか。

うーん。どうなんですかね?まだまだ全然。

―もう慣れた感じで…。

アハハ。

―オッケーです。お一人暮らしですか?

あ、今は一人暮らしです。

―市内のほうで?

そうですね。

―はい。昼間って何かされてます?

はい。お仕事をしてます。

―あ、じゃあ昼間は普通のお仕事?OLですか?

そうですね。親が自営業で、そちらの会社を少し手伝わせていただいてて。

―ああ。じゃあそれが終わったらこっち来て?

そうですね。大体そんな感じです。

―そうなんですね。かしこまりました。ちなみに、週どのぐらい出勤されてるんですか?

週大体3~4日ぐらいですかね。

―あ、じゃあ結構…。

そうですね。わりと最近は出させてもらってます、はい。

―時間は何時から何時とか決まってるんですか?

大体お仕事が終わってから来るので、夜7時とかそれぐらいからです。6時半とか7時とか。なるべく早めにと思ってるんですけど、大体夜7時ぐらいになってしまうことが多いですね。

―で、そっから夜までいってみたいな?

はい。

―で、また次の日昼間から仕事で?結構大変ですね。

そうですね。でも家が自営業なんで、割と自由にさせてもらってて。

―ああ、融通利く感じで。ありがとうございます。

アハハ。

―面接された時の様子についてお伺いしました。

―こちらのお店は何で知った感じですか?

あ、インターネットで。

―インターネットで。オッケーです。面接されたと思うんですけど、時間ってどのぐらいかかりました?

そんなに長くはかからなかったですね。多分15分とか20分とか。本当にそれぐらいですかね。

―15分か20分。オッケーです。何か持ち物とか、必要な物とかってありました?

面接のときは特に。普通の格好してくれればいいですよって言われたので。

―で、身分証か何かを。それぐらいで?

そうですね。とりあえず免許証とか持っていって。

―はいはい。場所はこちらで行った感じですか?それとも。

あ、私はこちらですけど、喫茶店とかどこでもできるみたいです。

―ああ。出迎えてくれる感じ?

はい。

―面接官についてもお伺いしました

―オッケーです。面接官の人はどういった感じでした?

普通になんか会社員風の20代ぐらいの若い方でしたけど。

―じゃあ結構いい感じで?

そうですね。話しやすくて良かったです。

―話しやすかったですか。オッケーです。ありがとうございます。このエリアは家から近いんですか?

そうですね。家から割と近いので。もう2駅、3駅ぐらいの。

―あ、そうなんですね。じゃあこの店選んだ理由も家から近いから?

そうですね。それもありますねやっぱり。交通の便が。

―他には何かあります?

うーん。やっぱりホームページを見た感じ、割と本当に普通っぽい女の子が多くて。で、私が割とあんまり派手なほうではないので、ギャルっぽい店とかが苦手なので。夜の仕事とかも初めてだったし、ちょっと不安もあったので、なんかこう普通に大学とか出てて、普通っぽい感じの方が多い所がいいなと思って。そういう所で探して、こちらが良さそうだなと思って、来させてもらうことになりました。

―そうなんですか。ありがとうございます。じゃあこちらの店が初めてですか?業界というか。

あ、もう初めてです。ここしか知らないので。

―あ、そうなんですね?

でも皆さん本当にいい方で。スタッフの方とかも、本当良くしてもらって。

―へえ。そうなんですね、オッケーです。ありがとうございます。ネットで見たとおっしゃってたんですけど、実際に面接したり働いてみて求人内容って一緒でした?

そうですね。本当、みんな大体書いてあることとそんなに相違なくやらせてもらってる感じですね。はい。

―じゃあ別にそんな大げさなことは書いてない?

うん、全然。不満もなく。楽しくお仕事してます。

―どうもお疲れさまです。体験入店とかってありましたか?

体験入店、そうですね。とりあえずお試しでやってみますかって言われて。一応少しやらせてもらって、あ、できそうだなと思ってっていうのは確かにありますけど。でも、体験入店っていうのかな?

―まあ、お試しって感じですかね。

そうですね。うん。

―それ何日ぐらいやったんですか?

とりあえず最初の1週間ぐらいはそんな感じで様子見て。

―あ、そうなんですね?

うん。まあ、あんまり詰めて働くと大変だろうからっていう感じで、週2日とか出させてもらって。ちょっと様子見てくださいっていう感じで終わりました。はい。

―そうなんですね。ありがとうございます。じゃあすぐ入店された感じですか?

そうですね、私は割と。なんか、皆さんいい方で思ってたのと全然違ってて。本当にこういうお仕事だから、結構ちょっとねえ、変わった方もいるのかなって思ったんですけど。意外に皆さん本当、意外にって言ったら失礼ですけど。皆さんスーツ着用で、本当に一般的な企業にお勤めのサラリーマンさんと相違なくて。

―はいはいはい。

本当に皆さん、あの、真面目にというか。

―真摯に。

うん。そうですね。本当に皆さん真面目に働いてて、こっちが頭が下がるくらいで、いっつもありがたいなと思って。本当私も皆さんに感謝してます。

―この業界を選んだ理由についてお伺いしました

―感謝してると。オッケーです。志保さんは、ご実家は自営業でそちらをお手伝いされてるってことなんですけど。素朴な疑問なんですけど、じゃあなんでこの業界というか、このお仕事を始めたんですか?

ああ、そうですね。私もともと心理学をずっと勉強していて、大学は二つ行ってるんです。大学卒業してまた別の大学に行きつつ、いろいろこう哲学とか心理学とか、文化とかを勉強してたんです。それでやっぱり人の究極の癒やしは何かって考えたときに、結局なんかこう、アタッチメントというか、肌と肌との触れ合いみたいなものの中から本当に癒やされるんじゃないかなという結論に達して。で、社会勉強のためにも、ちょっとやってみたいなと思って。で、そういうのってやっぱ怖いので、ちゃんとしたお店じゃないとすごい不安だし、だからいろいろ探して、あ、ここだったらなんかちゃんとしてそうだなと思って。まあ価格帯とかもやっぱりね、気になるので。ここだったら間違いないなと思って来ました。

―あ、じゃあもうあれですか?普通にお金に困ってとかそういうのじゃなくて、普通に勉強の延長線というか。

そうですね。もう私に関してはなんか皆がびっくりするぐらい、本当お金とかもらい忘れてきちゃって、いつも結構びっくりされるんですけど。アハハ。そうですね、なんか楽しくて今。本当はこんなにやるつもりなかったんですけど、すごい楽しくなってきちゃって、別に辞める理由もないし、なんかずっと。本当趣味みたいになってますね今。普通に、楽しくてやってるだけ。

―素敵ですね!

収入のことはあんまり考えないから、皆私のことすごいびっくりしてるんです。昨日も「お給料そういえば渡してなかったよね」って言われて、「あ、そうでしたっけ?もらってなかったでしたっけ」って。「いや、多分渡してないよ」って言われて。「あ、そうですね。多分もらってないですね」って。それでもらったりとか。

―趣味ですね、純粋に。

もう本当そんな感じですね。

―オッケーです。ありがとうございます。講習とかってなかったですよね?

うん、ここは別になかったですね。なんかあるのかなと思ったら全然なくて、ちょっとそれもびっくりでしたけど。いきなりお客さまのところに行かせてもらうみたいになっちゃって、最初はちょっとドキドキしたんですけど、まあいろいろアドバイスとかも頂いてたので。はい。

―家族や知り合いにバレないような秘訣や工夫についてお伺いしました

―オッケーです。志保さんは趣味の延長線でやられてるみたいな感じなんですけど、ご実家のお仕事手伝ってるじゃないですか。一人暮らしだからあんまりあれだと思うんですけど、親御さんとかってご存じなんですか?

いや、全然知らないです。まあ彼氏ができたとは言ってあるので、なんか最近夜どっか行ってるなぐらいで、彼氏の所に行ってるのかなぐらいな感じでは思ってると思います。言ってはいないですね。

―あ、そうなんですね。実際彼氏さんとかいらっしゃるんですか?

いやもう全然いなくて、私の場合は本当お客さまを皆彼氏だと思ってるので。

―アハハ。素敵ですね。

全然彼氏いらないかなっていう。

―それよりもお客さんを?

そうですね。お客さまが皆本当、その時間は本当スペシャルなお時間で、もう彼氏と彼女だと思ってるので。はい。

―はあはあ。オッケーです。じゃあご家族にばれない工夫は、彼氏ができたみたいな感じで。

そうですね。とりあえずまあ、そういう感じで。うん、今はもうその彼の所に行ってるのでって感じで。まあ深くはあんまり聞いてこないですけど。

―次にこのお店に入店して良かった事をお伺いしました

―追求されないと。オッケーです。かしこまりました。では、このお店に入店して良かったこととかってあります?

そうですね。もういっぱいあり過ぎて、本当に良かったことばっかりで。本当になんかいつも人生勉強させてもらってて。

―はいはいはい。

うん、なんか本当にスタッフの方皆いい方だし。ダメな人が全然いなくて。本当に、よくぞこれだけ素晴らしい方が集まってるなっていう感じが。

―ああ、人として。

そうですね。お客さまも本当にいい方で。私外国語がちょっとできるので、外国人の方とかも結構お相手させていただくんですけど、そういう方も皆本当ソフィスティケイトされて、本当素晴らしい方ばかりで。全然不満もないし、本当にいいところだらけですね。アハハ。

―アハハ。オッケーです。悪いところは逆にないと。

あ、全然ないですね。本当に皆一生懸命やってるし、変な企業よりよっぽど皆真面目に、うん。すごい細かいところも気が付くし、ちゃんとお客さまのデータ管理もしっかりされてるし。

―はいはいはい。

普通の変な所よりはよっぽどいいと思いますね。うん。

―お客様についてもお伺いしました

―お客さまの話が出たんですけど、どういったお客さまが多いですか?

そうですね。もう本当に十人十色で、お若い方はもう大学生ぐらいの方から、本当に年配の、最高齢だと80歳の方がいらっしゃって。「いくつだと思う?」って言われて、ちょっと若めに言って「65歳ぐらいですか?」って言ったら、「いやもう80なんだよ」って言われて。

―すごいですね!

もう手とか震えちゃって、靴紐もなかなか結べないんですけど。でもすごいもうなんかお若くて。お会いできて嬉しかったですって言って。70代は結構いらっしゃいますね。

―ああ、本当ですか?

80歳は初めてでしたけど。70代は意外に多いです。

―元気ですね!

そうなんですよ。

―待機室の様子についてもお伺いしました

―オッケーです。じゃあもうお店の雰囲気とかも全然、そのへんの変な企業よりはしっかりされてると。

そうだと思いますね。これだけちゃんとデータの管理とか、女の子に対してもすごく真摯だし。

―はい。

いつも飲み放題のコーヒーマシンとか、お菓子とか、あと雑誌も最新号がもう20誌ぐらい置いてあって、漫画喫茶みたいに自由に使えるんですよ。

―はいはい、あ、待機所が?

そうなんですよ。だから、過ごしてても全然暇な時間とかもないし。自分で雑誌読んだりとかネットしたりとかもできるし。うん。

―集団待機ですか?一室で。

うん、そうですね。大体皆さんここで待機されてる方が多いんですけど、ご自宅の方もいらっしゃるし、いろいろ。

―あ、自宅でもいいんですね?

はい。ご自宅の方もいらっしゃいます。

―じゃあもう待機所はいつも雑誌見たりネット見たり…。

そうですね。なんか、漫画喫茶みたいに個室になってるんですよ。ドアで仕切られてるので、お疲れの方はお休みになっても大丈夫だし。全然自由にさせてもらってるので。

―各々で時間をつぶされてる感じですね。

そうなんですよ。

―ちなみに志保さんは、待機中は何してることが多いですか?

待機中はまあ、私は最近体を鍛えてるので、ちょっと腹筋やったりとか。

―あ、そんな広いんですか?

結構、まあ腹筋くらいだったら全然できますね。

―へえ~!

はい、そうですね。最近はもう加圧トレーニングとか、ストレッチしたりとか、なんかいろいろやってますね。本読んだりもしますし。疲れてるときは寝たりとか。

―本ってどういう本を読まれてるんですか?

うーん、そうですね。海外旅行が趣味なんで、旅行関連の本とか、今興味のある分野に関する本とか。あと今度行く歌舞伎とかオペラとか、そういうのが趣味なので、まあそれに関する情報の本とか。

―まあ趣味の本?

そうですね。趣味の本ですね。

―店長さんについてもお伺いしました

―オッケーです。ありがとうございます。店長ってどういう人ですか?

店長さんは、なんだろう、王子様みたいな。

―王子様?

なんか見た目が王子様みたいで、身長が186センチくらいあって。

―でかいですね!

なんかすごい格好良くって。私はいつもプリンスって呼んでるんですけど。本当の王子様みたいで。こんなかっこいい人がいいのかなみたいな。

―お若いんですか?

いや、30前半か半ばぐらいだと思うんですけど。なんか本当プリンスって感じの、キラキラしてますねいつも。

―オーラがあると。

そう、キラキラしてますね。

―最高ですね!

アハハ。この人の下だったら働きたいなって感じですよもう。付いて行きたくなるって感じの。もうプリンスですね。

―プリンスさん。今日もじゃあこの後プリンスと…。

そうですね。もう会えたらずっと話したいです。アハハ。

―オッケーです。ありがとうございます。では、お店自慢はさっき聞きましたが、もう悪いところはないぐらい環境がいいと。

そうですね、私にとってもう天国みたいな所なんで、ここで働かせてもらって本当にいつもありがたいなと思ってます。全然不満ないし。

―いいですね!

もう本当いい人ばっかりで。皆話してて楽しいし、嫌な人いないですね。皆さんいろんな経験されてからこちらにいらっしゃってるスタッフの方とかも多いんで、本当勉強になりますね、いろいろお話させてもらうと。

―あ、ちなみになんですけど、女の子同士は接点とかあるんですか?

そうですね、たまに話したり。ちょっと大きい部屋に皆でヘアメイクとかできるスペースもあって、そこで一緒になったときにちょっとお話しさせてもらったりとかありますけど。私に関してはそんなに深くお付き合いってのはあんまりないですね。

―まあそれより腹筋してるほうが…。

そうですね。もうガツガツ鍛えてるほうが合ってるみたいで。

―ズバリ収入についてもお伺いしました

―オッケーです。ちょっとお金の話になっちゃうんですけど、志保さんの月収とかお伺いしても大丈夫ですか?最高月収とかでもいいんですけど。

そうですね。まあ多い時と少ない時とあるんですけど、多い時だと大体まあ100万ちょっとぐらいですかね。

―100万円!それはもう忘れずに持って帰る感じですか?

たまに忘れたりもしますけど。でも日払いなんで。

―ああ。

なんか積み重なっていったらそれぐらいになって。「今月100万円超えたよ、良かったね」みたいな感じで言われて、「あ、そんないってました?」っていう感じで。

―100万円はすごいですね!

そうですかね?

―じゃあ、それは月だと思うんですけど、1日は最高どれぐらい稼ぎました?

1日の最高だと、えっとね、うーん…。12時間ぐらい貸し切りの人がいて、10時間とかで50万円くらいもらったかな?

―10時間…。

50万円。そんないってないかな?でも結構もらいましたね。

―まあ40~50万円ぐらい?

まあ40万円ぐらいはもらったかな。

―1日で?すごいですね!

あ、なんかたまたまその人が12時間ぐらいずっと貸し切りだったんですよ。で、お泊まりコースみたいな感じで。でも2日間とか3日間とかで10時間、10時間、12時間とかで入ったりとかしたんで。

―すごいですね!

結構もらってますね、だから。

―すごいですね…!

1日っていうか何ていうか分かんないんですけど。

―そうですね。そうですね。

はい。たまにそういうロングで入れてくれる方もいらっしゃいます。その方はちょっと特殊な感じでしたけど。アハハ。

―次にお金の使い道についてお伺いしました。

―お金結構稼がれてるんですけど、何に使ってるんですか。貯金?

大体海外旅行行ったりとかです。こないだもロシア行ってきて、帰ってきたばっかりなんです。1人で海外旅行行ったりとか。

―1人で行かれるんですか?すごいですね。

大体1人で行くことが多くて。年に3回ぐらいは海外行ってますね。結局海外行くと結構使っちゃうんで。いいホテルに泊まりたいとかもあるし。

―はいはいはい。え、じゃあ海外行ってどれぐらい使います?

まあ50万円ぐらいは使っちゃったりしますけど。

―え、何日ぐらいで?

こないだは10日間ぐらい行ってたんで、まあそれぐらいは。はい。

―すごいですね。じゃあ結構、外国の方が好きというか。

いや、まあ日本人が一番好きですけど。一応英語対応できるので、はい。まあロシア語はわかんなかったからちょっと大変でしたけど、ロシアでは。アハハ。

―あ、でもなんとかなるもんなんですか?

意外になんとかなりましたね。もうジェスチャーと手話で。

―すごいですね。なんか怖くないんですか?1人で行くっていうあれが。

いや、意外に…。

―それよりも好奇心のほうが勝ってる感じですか?

大学時代から結構ホームステイとか留学とかもしてたので、意外と大丈夫です。

―すごいですね!気を付けてくださいね。

ありがとうございます。

―貯金額についてもお伺いしました。

―ちなみに貯金とかはされてるんですか?

うーん、あんまり貯金とか考えたことないんですけど、いつの間にか貯まってる感じで。一応口座にはいくらかは入ってますけど。

―いくらあります?

うーん、まあ結構高い買い物とかもしちゃったりするんで、多分1000万円ぐらいはあるんじゃないですかね?

―1000万円!?すごいですね、すごいですね。オッケーです。じゃあ別に志保さんに関してはあれですか、このお仕事を始めて生活水準が変わったとかは特にないですか?

うーん、なんか私あんまり贅沢したいと思ったことがなくて。だから別にブランド物とかを欲しいとも思わないし。生活水準…まあでもそうですね、石が好きなんで、ダイヤモンドとか水晶とかいろいろ集めてて。そういうので家にいっぱい石が増えたなっていうぐらいですかね。

―石が増えた。それは眺めてる感じですか?それとも何か。

うーん、そうですねいろいろ。

―癒やしてくれます?

はい。いろいろ大きい水晶玉とかがいっぱい家にあって、スピリチュアルな感じなのでそれはもう1個30万円とか50万円とか普通にしますから。まあそういうのが家にちょっと増えて、親もちょっとびっくり。たまに来ると「あんた何これ?」って言われたりしますけど。

―そうですよね。

大きいのなんかもう30キロくらいあるアメジストドームが家にあったりとか。まあ石買うのは好きですね。それが家に増えたぐらいですね。

―じゃあ家でかいんですね、そんな30キロもあるやつ…。

うーん、まあでかい?まあ普通だと思いますけどね。アハハ。

―オッケーです。では別になんか決めて貯金をされてるとかじゃなく、普通に気付いたら貯まってるみたいな?

うーん、なんかいつの間にか貯まってる感じで。別に家計簿とかも付けたことないし、昔からお小遣い帳とか付けるの苦手で。まあなんかいつの間にか貯まってたなぐらいの感じですかね。

―いい人生ですね。

うーん、あんまりお金のこと気にするのが好きじゃなくて、はい。なんかいつもお任せで。私自分のお給料がいくらあるのかいつも分からないんです、手取りとか。だからバックがいくらとか言われても、ふーんって感じで。いつも封筒に入れてくださるんで、それが貯まったら何となく開けて、ちょっと保管しとくみたいな。

―芸能人みたいですね。

アハハ。

―次に、夢や目標についてお伺いしました。

―オッケーです。じゃあ志保さんの夢とか目標ってあります?

うーん、そうですね。なんかいろいろ自分でやりたいことがあって、実際にもう動いてもいるんですけど。まあ一応会社、組織を作ってお勤めしたいなとは思ってて。

―あ、すごいですね。

そうですね。やっぱり癒やしを仕事にしたいとずっと思ってるので、皆さんを癒やせるような、そういう場所を作りたいなと思ってて。まあそれはマッサージだったり、ヨガだったり、いろんな体験ができるようなスペースっていうか。女性向けではあるんですけど。なんかそういう、エステがあり、いろんな勉強もでき、そういうお部屋っていうかスペースを作りたいなと思ってて。まあ実際お友達とかと一緒に動いてはいるので。でもお金がやっぱりね、初期費用って絶対かかるので。

―まあでも1000万円あれば全然作れるんじゃないですか?

アハハ。まあでもなかなかね。これからちょっと、ちゃんとやっていきたいなと思ってるので。

―じゃあ親御さんのところは継がないというか。

うーん、そうですね。もうちょっと時代が変わってきてるので。うち正直不動産業なんですけど、やっぱ大手さんがすごいので、時代がやっぱ違うのかなっていうのを正直思ってて。

―だから新しいことっていうか。

そうですね。自分で今はやりたいことがあるので。

―今後もこの仕事を続けるかお伺いしました。

―オッケーです。じゃあその会社を作った後は、この仕事はもちろん辞める?

うーん、それもまだ考えてないんですよね。結構この仕事が本当に楽しくなってきちゃって。本当に私も全然こんなに長くやるつもりはなかったんですけど。皆さんが本当に喜んでくださって、本当にありがとうで始まってありがとうで終わるんですよ。そういうお仕事ってあんまり他にない気がして。お部屋開けて「本日はおいでくださいまして、本当にありがとうございます」って言って始まって、お客さまが「今日は本当にありがとうございました」って言ってくださって。なんかありがとうで始まってありがとうで終わる、こんなに素敵なお仕事って他にないと思うんですよ、なかなか。で、最初全然元気なくて暗い顔してたお客様が本当明るくなって、すごいお変わりになって、本当元気になって良かったなって思うのが自分の幸せっていうか。だからすごいやりがいがあり過ぎて、なんかあんまり辞めたくなくて、今のところ。だからお金持ちになっても多分私この仕事辞めないと思うって周りの人に言うと、すごいびっくりされるんですよ。アハハ。

―すごいですよ。天職的な。

うーん、なんか楽しくなっちゃったんですよね。

―すごいですね。オッケーです。じゃあこのお仕事されて、ご自身がなんか変わったこととかあります?

あー、でもすごい、自分自身も癒やされましたね。結構悩みとかがあっても、お客さまと一緒にいて、楽しい時間を過ごしてて本当に忘れちゃったりとか。なんかいつの間にかこう、お客さまのところに行って元気にするのがお仕事なのに、かえって元気にしてもらったり、なんかすごいアドバイスいただいたりとか。本当人生の先輩でいらっしゃる方ばっかりなので。

―では結構勉強させてもらって…。

そうですね。本当にありがたいことに、こちらが本当、ねえ。お金とか頂いてるのに、なんかこちらが癒やされちゃってすいませんみたいな感じで。

―オッケーです。ここのお仕事は大学卒業してすぐやられた感じですか?

うーん、大学二つ行ってるんですけど、そうですね、卒業して、もう。

―すぐ?

そうですね。ちょっと、すぐって感じですね。

―そうなんですね。オッケーです。じゃああれですね、親御さんの仕事だけやってた時期はそんな少ない?

うーん、そうですね正直。まあでも大学時代もちょこちょこ手伝ってはいたので、はい。

―あ、そうなんですね。その時に比べたら収入って結構増えましたよね?もちろん。まああんま志保さんにお金の話してもちょっとあれなんですけど…。

うーん、そうですね。まあ自由に使えるお金はもちろんありますけど。

―どんぐらい増えました?あんま管理されてないと思うんですけど。

どんぐらい増えた?うーん。私もね、そうなんですよね。どんぐらいって言われると、うーんって感じになっちゃいますね。会社役員なので、役員報酬があるんですよ。役員手当が毎月ちょっと付くんで、でもまあ本当に微々たる金額なんですけど。まあそれだけだったのがだいぶ、ねえ。10倍近く上がったのかなって感じ。

―最後に一言頂きました。

―すごいもうけてますね!オッケーです。では最後になっちゃいましたが、これを読んでくれてる女性、まあこれからこの店で働こうと思ってる子とか、この業界に飛び込んでこようとか、今他店で働いてていいお店があるのを探してるとか、そういう女性に対して、志保さんからちょっと何か一言お願いします。エールというか、このお店の自慢でもいいですけども。

うーん。

―何かあればちょっと教えてほしいんですよね。

そうですね、もう本当に愛のあるお仕事っていうのを一番私は言いたいですね。このお仕事は本当に愛がある、だから素晴らしいと思うんですよ。愛のあるお仕事。そしてここのマリアテレジアっていうお店は本当に愛のある職場なんですよね。私は一番それが言いたいですね。本当に、ねえ。もちろんいろんな事情があっていらっしゃる方も多いとは思うんですけども、でもこちらにいるときは、本当にもう皆さん優しくしてくれるし、変な女の子もいないし、もう本当愛にあふれて、本当に気持ち良く楽しく働いてもらえると思うので。うん。

―まあスタッフさんも。

そうですね。で、もちろんお客さまも変な人は全然いないですし。うーん、だから本当に愛を持って働いてほしいなと思いますね。

―愛を持って来てくださいと。

はい。もう絶対裏切らないですから、こちらは。本当に素晴らしい方ばっかりなので。

―オッケーです。自分もじゃあこれから愛を持って働いていきます。

アハハ。そうですね。

―完全にインタビュー者じゃなくなっちゃうな。すいません。今日はありがとうございました。

ありがとうございました。

マリアテレジア大阪(梅田|デリバリーヘルス)

こんな記事も読まれています

人気のインタビュー

  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む

人気のインタビュー

  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む

検索結果0