M・ing/最高日給9万円!?3ナイで稼げる三宮のM性感店

フリーワード店舗検索
全国TOPへ
関西の風俗求人バイト

HajiQ(はじキュー)インタビュー

―実際にお店で働く、雫さんに直接インタビューして来ました。

―では、本日はよろしくお願いします。

はい。お願いします。

―まず、お名前とご年齢から教えてもらってもいいですか?

です。年齢は26歳です。

―今入店されて大体どれぐらい経ちますか?

4年ぐらいです。

―じゃあもう結構長いこと働かれてるんですね。

そうですね。

―勤務時間とかも大体決まってるんですか?

そうですね。週3回お昼の12時から夜23時ぐらいまでいます。

―フルで働かれてるんですね。

そうですね。

―『M・ing』様はシフト制なんですか?

はい、自由出勤制ですね。

―雫さんは大体何曜日に入るとかって、決めてるんですか?

大体、金、土、日とかの週末に入ってます。

―今ってお一人暮らしですか?

今、実家暮らしです。

―雫さんは何か他にお仕事とかってされてるんですか?

今はしてないんですけど昔は普通に正社員で働いてました。

―今はこれ1本なんですか?

はい。これ1本で生活してます。

―ちなみに前職はどんなお仕事だったんですか?

ビジネスホテルで海外の人とかを接客してました。

―次にこの業界で働き始めたきっかけについて伺ってみました。

―接客の経験があったんですね。こちらの職業に就いたのはどういうきっかけがあったからですか?

最初大学生のときにM性感っていうものを知って、SMとは違う、ヘルスとも言い切れない、なんか不思議なジャンルのお仕事だなと興味を持ってたんですよ。

―特殊な業種ですもんね。それはそういう業種に興味を持って調べたんですか?

私は求人を見て知りました。「3ナイ(舐めない・脱がない・触られない)」って書いてて、3ナイでどうするの?なんでこれが風俗のジャンルになるの?みたいな感じで興味を持ったのがきっかけでした。

―お店のホームページを見て、3ナイだからいいかなっていうふうに思われたんですか?

そうですね。3ナイで働けるなら良いなと思って興味を持ちましたね。

―次にお仕事のことをご家族や友人の方に伝えてるかどうか伺ってみました。

―ご家族の方とかって、このお仕事のこと知ってますか?

私は言ってから働きました。

―そうなんですね。何か言われませんでしたか?

私の家は自営業で金銭的に大変っていうのと、一軒家を買いましてローンが払い切れなくて…でもそれがむしろチャンスだな、と思って親に相談したんですよ。「こういうのがあるから、お金入れるから働いていい?」って言ったら「SMとかM性感やったらいいけど、ヘルスとかは駄目よ」っていう感じで…M性感だからっていう理由で許してもらえました。

―そうだったんですね。チャンスっていうのは、やっぱり自分でもそうお仕事をしてみたかったからですか?

そうですね。元々興味があったので働けるチャンスだなと。

―いいきっかけだったんですね。ご家族の方は皆さん知ってらっしゃるんですか?

母親だけ知ってます。父親はさすがに知らないです。

―ご友人でも何人か知ってる方っているんですか?

少ないですけど、知ってる人はいますね。

―では、他のお友達とかお父様にバレないように対策はとられてますか?

特にしてないです。言わないっていうだけですね。今まで突っ込まれたこともないので話さなければ大丈夫だと思います。

―今は何のお仕事してることになってるんですか?

サッカーが好きなんでサッカーショップの店員さんってことになってます。

―次に最初にお店に連絡した方法や面接について伺ってみました。

―そうなんですね。では、この『M・ing』様に最初に連絡した方法を教えていただけますか?

ネットからですね。大阪に住んでるんですけど、大阪で働いたらバレちゃうかなっていう心配があったんで近郊で探したんです。それで検索して良さそうだなと思ったのがここの店だったんです。

―こっちのほうに来ることはあんまないですもんね。

そうですね、この辺りなら知り合いと会うこともないなと思ったので。

―最初、面接とかってどこでされたんですか?

面接はもう、すぐそこのお店の受付でしました。

―面接はどんな感じだったかとかって覚えてますか?

履歴書みたいなのを書いて、「どれぐらい稼ぎたいですか?」「給料はこんな感じになってます」っていう話をしてもらって…ていう感じでしたね。大体知りたいことは教えてくれましたよ。

―フォーマットみたいなのがあって、それに沿って面接を進めていったっていう感じだったんですかね?

そうですね。特に難しい事はなかったですね。

―面接って1対1でしたか?

1対1でした。

―緊張はされましたか?

緊張はしなかったです。本当に普通のアルバイトの面接行くときと同じ感じです。

―最初に面接でこれだけはちょっと聞きておきたいなっていうことはありましたか?

私、最初はM性感って「容姿のレベルが高い人が多い」っていうイメージがあったんです。なので「私の顔で大丈夫かな?」みたいな心配があったんですけど、みんなが思ってるほどそんなにハードル高くないみたいでしたね。

―お店では「ここを重視してますよ」とかは、何か言われましたか?

特には言われてはないんですけど、常識があればいいんじゃないかなっていうふうに思いました。

―そうなんですね。割とどんな方でも面接は受けられるかなっていう感じなんですね。

そうですね。面接はもう是非、1回来ていただければと思います!

―有難うございます。(笑)面接時間はどれぐらい掛かったとかって覚えてますか?

時間はそんなに掛かりはしなかったですね。20~30分ぐらいです。

―面接官の方ってどんな方だったんですか?

面接は今のオーナー兼店長の方が担当してくださったんですけど、もう本当に普通に優しくて話しやすかったです。

―次にこのお店にしようと思った理由について伺ってみました。

―では、雫さんがこの『M・ing』様で働こうかなと思った決め手って何だったんですか?

大体お店と女の子の取り分って半分半分くらいかなって思うんですけど、ここでは女の子の方が多めにバックが貰えるんですよ。

―バックがちょっと多かったんですね。

そうです。「女の子が稼いできてくれる」っていう意識があるんだなって感じて、なんか尊重されてるなっていうふうに思いました。

―お店の、女の子を大事にする姿勢が良かったんですね。

そうですね。大事にしてくれるのが伝わってきたのでここにしようと思いましたね。

―ちなみにこのお店以外に面接とかって受けたことありますか?

あります。大手の所に行ったことがあります。

―そのお店もM性感ですか?

そうですね。M性感以外知らないので、M性感です。

―やっぱりそこよりもこっちのほうが条件的に良かったんですかね?

そうですね。個人的にこちらの方が良いと思いましたね。

―このお店は1店舗目ですか?

その大手の所に昔少しだけ働いていたので、2店舗目ですね。

―そうなんですね。実際、条件的にちょっと合わなくてこちらに移られたんですかね?

そうですね。

―求人では「3ナイ」とか色々書いてあったと思うんですけど、実際雫さんが求人で見たものと、働いてみて内容的に違うことって何かありましたか?

特になかったです。ほぼ思ってる通りですね。

―次に体験入店についてや面接時のときのことについて伺ってみました。

―こちらの『M・ing』様では体験入店とかってされたんですか?

そうですね、ベテランのお姉さんに教えてもらって、それから仕事スタートだったので分かりやすかったです。

―なるほど。ある程度そこで働くイメージはできてっていう感じだったんですね。

そうですね。最初に色々教えてくれたのでイメージしやすかったですね。

―面接されてから、すぐに入店が決まったんですか?

それはどちらでも選べるようになってたんで私は数日後にお願いしました。

―即答っていうよりはちょっと考えて後日、働きましょうみたいな感じだったんですかね?

そうですね。でも面接のときの印象が良かったので働こうとは思ってましたけどね。

―面接のときに必要なものとかってありましたか?

身分証は要りましたね。実際働くとなったら住民票が必要だったと思います。

―有難うございます。雫さんはこの業種に興味があってっていうことだと思うんですけど、例えばデリヘルとかホテヘルとかそういう業種の知識とかももともとあったんですか?

話には聞いてましたし、ブログとかも読んだことあったんですけどちょっと病気が怖いっていうのと私が潔癖症なところがあるので、あんまり人に触られたくないのでそっちの業種は向いてないなと思いました。

―そういうのも含めたらここの仕事が一番合ってるかなっていう感じだったんですね。

そうですね。病気のリスクもないし私にとってはこのお店が一番かなと思ったので。

―次にこのお店に入店して良かったことについて伺ってみました。

―では、この『M・ing』様に入店して良かったこととかって何かありますか?

待機時間、自由に買い物に行けることです。

―そうなんですね!待機時間ってどれくらいなんですか?

日によってバラバラなんですけど待機のときは自由に時間使えますね。ウフフフ。(笑)

―待機場にいるよりも外に出てることの方が多いんですか?

私は待機場にいることのほうが多いですね。人によって選べますけどね。

―待機は集団待機なんですか?

そうですね。集団待機もできますし、外でも待機できますし、自宅でもできます。本当に自由ですね。

―自宅待機もできるんですね。

はい、近くに住んでいれば大丈夫です。

―次に講習についてやお店の雰囲気について伺ってみました。

―自由ですね。このお店の講習ってどんな感じだったんですか?

マニュアル本での講習とか、DVDとかもあって、色々お勉強はできます。

―学ぼうと思ったらいつでも確認できるようになってるんですかね?

そうですね。いつでも学べます。

―実際のお店の雰囲気とかってどうですか?

雰囲気。うーん、のんびりしてます。本当、「自由」って感じですね。

―女の子同士の関わりとかはあるんですか?

仲いい子もいますし、話すのが嫌いな子とかはもう待機場にそもそもいないですね。

―あー、そうですよね。そこは自分の性格とかに合わせて変えれますもんね。

そうですね。変えれます。友達作りたいタイプだったら友達ができるし、一人がいいっていうんだったら一人でいれます。

―次にお客様についてやお仕事の流れについて伺ってみました。

―では、お客様についても伺いたいんですけど、『M・ing』様のお客様ってどんな方が多いんですか?

やっぱりMの人が多いですね。ウフフ。(笑)

―じゃあ、雫さんがリードしつつ…。

そうですね。もう本当にこっちが用意したものをするみたいな。ウフフフ。(笑)

―プレイ時間とかもそのお客様によって違うとは思うんですけど最初に会ってからの流れって大体どんな感じなんですか?

最初にどういうプレイが好きでどういうプレイが苦手なのかを聞いて…たまにNGかOKか何も分からないっていう人もいるんで、それはそれで基本プレイをしてます。取りあえずはマニュアルに沿ってプレイをやっていく感じですね。

―じゃあ最初に確認だけしてっていう感じなんですね。

そうですね。カウンセリングをしてお話してプレイして、お話して終わる。っていう流れです。

―なるほど。結構、お話好きなお客様とかもおられますか?

そうですね。人それぞれなんで色んな方がいますよ。その方に合わせて…って感じです。

―年齢的にはどれぐらいの方が多いですか?

本当幅広くいますね。大学生から60代ぐらいの人まで本当に幅広いです。

―最高齢の方とかって…。

最高齢は70歳ぐらいじゃないですかね、多分。

―あ、結構。フフフ。(笑)結構いかれてますね。(笑)

はい。本当に色んな方が来られてます。

―お昼間から夜までだから、時間帯によっても年齢層は違いますよね。

あー、そうですね!結構違います。

―お客様で困った方がいたとかっていうのはあんまりないですか?

困った人がいても途中で出て行ったり、お客様自体をNGにしたりできるので大丈夫です。ちゃんとスタッフさんも守ってくれるので安心してますね。

―そうなんですね。じゃあ安心して働けますね。

はい。

―次にお仕事を始める前と後でイメージが違った点がないか伺ってみました。

―では、最初働く前のイメージと実際にお仕事されてからでは、大きく違う点ってなにかありましたか?

私は結構イメージどおりでした。面接である程度聞いてたし、変わった人いるんだろうなって思ってたんで。

―ある程度、想定はできてた感じですね。

そうですね。

―アリバイ対策とかも特に突っ込まれたりすることがなければ大丈夫ですよね。

そうですね。あと、お店自体にもアリバイ会社とかがあるんで言っていただければ用意してもらえます。

―そうなんですね。スタッフさんは何人かいらっしゃるんですか?

ドライバーの人と、オーナー兼店長がいます。

―そうなんですね。ドライバーさんも優しい方ですか?

うーん…あんまり会話しないですね。ドライバーさんと話したければ話せますけど本当に運んでくれる人って感じなんですよね。

―淡々と運んでくれる感じですよね。

はい、そうですね。

―次に高収入のお仕事をされてから何か変わったことがないか伺ってみました。

―では、このお仕事をしてかなり稼がれてると思うんですけど、高収入になってから何かこれまでと変わったことってありましたか?

金銭感覚はやっぱり多少は変わりますよね。貯金してるほうやとは思うんですけど、それでもやっぱり多少、変わりますね。

―使ってしまいますよね。衝動買いっていうか、これにこれだけ使っちゃったとかはありますか?

そうですね…私たぶん、風俗の子の中では安いとは思うんですけど、私の中で大きい買い物は4万円のバッグですね。自分の中では「あ、高い物買ったな」っていう感じです。(笑)

―フフフフフ。(笑)これまではなかなか買わないのを買ってしまったっていう感じですよね。

そうですね。4万円も使うなんて…って思いました。

―今までそういうのはあんまり買わなかったんですか?

そうですね。買わなかったです。

―そういうのも一種のご褒美ですからね。

そうですね。こういう贅沢ができるのも良いですよね。

―次に気になる収入面について伺ってみました。

―今って1日平均だったら大体どのくらい稼がれてるんですか?

本当にめっちゃくっちゃバラバラなんですよね。だから難しいですけど大体2、3万円ぐらいかなと思います。

―1日最高どれぐらい稼いだことありますか?

最高は9万円です。

―え、9万円?(笑)

うん。フフフ。(笑)

―すごいですね…。(笑)

そうですね。いきましたね、そのときは。それが3日ぐらい続きました。

―すごいですね。もう3日で普通の月収超えてますよ。ハハハ。(笑)

そうですね。(笑)普通のお仕事してたらこんな短期間でこんな高収入もらえないですからね。そのときは頑張ったなと思いました。

―結構ロングで入ったりとかですか?

うーん…ていう訳でもなく、フル稼働っていう感じですね。車の中で休みつつ、次に行くっていう感じで…。

―3日間頑張り甲斐がありますよね。それだけ稼げたら。

そうですね。頑張ったら頑張っただけ成果に繋がるのは嬉しいですよね。

―月収的には毎月大体どれくらいなんですか?

これも結構バラバラなんですけど、30万円は超えてると思います。

―週3回でも30万円超えるんですね。すごいですね。普通の30代のサラリーマンとかの平均…下手したら超えてるような感じですよね。

そうですね。まあただ週3回だけど、休んだときとかは20万円台になったりはします。

―ご自身で月これくらいは稼ぎたいとかって決めてるんですか?

そうですね。30万円を超えればもう満足です。

―そうですよね。貯金も多少はしてるっておっしゃってましたけど、大体どれぐらいずつ貯めてるんですか?

ほとんど貯金してます。ローンに12万円払って、10万円ぐらい貯金はしてます。あんまり使うことはないですね。

―そうなんですね。その返済のほうとか、後々の将来のためにっていうの大きいですね。

そうですね。お金はあるに越したことはないですからね。

―雫さんの中でいついつまで働くとかって決めてるんですか?

結婚するまでかな。なので、それまでは働いてると思います。

―次に休日の過ごし方について伺ってみました。

―雫さんは休みの日とかって何してること多いんですか?

家が自営業なので手伝ってることが多いですね。

―お出掛けとかはされないんですか?

奈良が好きなんで奈良に山登りに行ったり美術館めぐりしたり、寺院めぐりしたり…っていう感じですね。あとは最近お笑いを見に行ったりもしてます。

―難波とかの方ですか?

はい。なんばで。

―そうなんですね、プライベートではリラックスしつつ、しっかり働かれてるんですね。

そうですね。オンオフのメリハリもきっちり分けれるしすごく充実してますね。

―最後に雫さんから一言頂きました。

―では、最後になるんですけどこれは『はじめての風俗アルバイト』っていう、女性が見る求人サイトでして、未経験の女の子とか、ちょっと初めてで風俗不安ですっていう女の子が多いんですよ。なので、そういう女の子に向けてアドバイスをお願いできますか?

ちゃんと働けば頑張ったら頑張った分だけ返ってくるお仕事かなって思います。決められたシフトをなるべく守って、どうすればお客様が喜ぶかを考えながらお仕事をしていければ…っていう感じですね。

―お客様への対応は大事ですからね。

そうですね。一番大事ですよね。一緒に働いてる人があんまり仲良くしたくないんだったら個人で行動してもらってもいいし、その辺は自由に自分のスタイルに合わせて働ける職場なので、取りあえずお客様のことを大事にしてくれれば、それが一番いいかなと思います。

―それさえちゃんとやれば働いていけますね。

そうですね。このお店は自信もってオススメできますね。

―分かりました。本日はありがとうございました。

ありがとうございました。

こんな記事も読まれています

人気のインタビュー

  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む

人気のインタビュー

  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む
  • 続きを読む続きを読む