SMでもない!オナクラでもない!初心者でも始めやすい『M性感』とは?

この記事に関連した求人

実は興味を持っている男性が多いM性感

最近、M性感のお店が増えています。
風俗にあまり興味のない女性にとってはあまり馴染みのないサービスでしょう。

M性感と聞いても、どんなサービスを提供すればいいのかイメージしにくいのも事実です。風俗店といってもいろいろなカテゴリーがあります。一番イメージしやすいのはソープランドではないでしょうか?
その他、SMやオナクラなど、日本の風俗業界は男性の趣味趣向に合わせて多くの業種を誕生させました。
海外で日本の独特の文化といえば何かといった時、風俗サービスの多様さを挙げる男性も増えてきました。
その多種多様な風俗サービスを体験しようと来日する外国人男性も多くなってきています。
ソープランドやデリバリーヘルスなどのヘルス店でどのようなサービスを提供しているのかは、多くの方がなんとなく知っていると思いますが、M性感は比較的新しい業種なので知らないという方も多いです。

最近登場したM性感はSM、オナクラとはどのような違いがあるのでしょうか?まずは、それぞれどのようなサービスを提供しているのかチェックしてみましょう。

M性感とSM・オナクラの違い

SMクラブ

SMとはSMクラブの略で、女性キャストがSもしくはMとなり、男性のお客様にサービスを提供しているお店になります。
女性キャストがSの場合は、男性客がMとなり、命令されて自慰をしたり言葉攻めを受けたりします。
他の風俗サービスとはかなり違いますが、いつも言葉責めなどをしている男性にとって受ける側を味わうのは新鮮なようです。
女性キャストがMの場合は、男性客が言葉責めなどをします。
他にもオプションで普段はできないような様々なプレイを楽しむことができます。

オナクラ

オナクラとはオナニークラブの略で、文字通り男性のオナニーを女性が見てあげる風俗サービスです。
自宅で普通にオナニーをするよりも、やはり女性に見てもらいながらオナニーをするほうが感じるという男性が多いようです。
オナニーのフィニッシュが難しい場合は、女性キャストが手を貸す手こきサービスがあるところもあります。
店によっては、手こきサービスだけでなく、フェラチオや淫語トークなどさまざまなオプションサービスを用意しているところもあります。

M性感

M性感では、女性キャストが受け身の男性客にいやらしいサービスを提供します。
SMと似ていますが、明確な定義があるわけではありません。
簡単に言えば、SMはオプションなどでロウソクや鞭で本格的に責めてもらうことができたりしますが、M性感ではいやらしい痴女のようなお姉さんに責めてもらえといったところでしょうか。
SMでは攻守交代で女性キャストが攻められることもありますが、M性感では一方的に責めるだけで攻守交代することはありません。
M性感とSM・オナクラの違いは、端的に言えばお触りがあるかどうかです。
SM・オナクラは基本お触りがあるのに対し、M性感は一方的に責めるだけでお触りされることはありません。
風俗初心者でも始めやすいため、風俗が初めての女性はM性感からスタートするルートが一般的になりつつあります。

M性感のプレイ内容

SMクラブの場合は、SMプレイにプラスして全身リップや素股など、さまざまなプレイを提供しています。
一方、M性感の場合は、SMクラブとは少し違い乳首舐めや手こき、寸止めなど、ソフトに攻めるプレイがほとんどです。
アイマスクや手錠といった小道具を使ったり、亀頭責めや前立腺マッサージで男の潮吹きを体験させるといったサービスもあります。SMが男性客に多少の痛みを味あわせることもあるのに対し、M性感では男性客が快楽を得るためのサービス提供を徹底して行っています。
M気質ではない男性までもが、これまで味わったことがない快楽や快感を求めM性感を訪れるのは当然かもしれません。S気質の男性でも、快感を味わえると聞けば一度体験してみたくなるものでしょう。
M性感ではオプションサービスとしてフェラチオやお触りなどもありますが、あくまでオプションサービスであるため女性キャストはできることだけをすれば大丈夫です。オプションサービスができない時は、オプションNGとしておけば強要されることはありません。
M性感は、触られるのはイヤだけど風俗には興味があるという女性にピッタリです。いつも責められてばかりという女性も、M性感では男性を責めたてることができるのですから、これまでと違ったプレイへの興味を満足させつつストレス発散にもなります。

M性感の客層

M性感のプレイ内容からもわかるとおり、M性感を利用する男性客は基本的にM気質の男性です。
女性キャストからソフトに責められることに快感を覚え、自分が気持ちよくなりたいためにM性感に来るわけです。
また、他の風俗サービスを利用するほどの元気がない、一方的に気持ちよくなりたいという男性もよく利用しています。毎日死にもの狂いで仕事をしていると、ストレス発散のために来た風俗で頑張ることができず落ち込むこともあります。
その点、M性感なら、自分は頑張る必要はありません。女性キャストにされるがままにしていれば、一方的に気持ちよくしてくれるので非常にラクです。そのため、疲れた男性が癒されるサービスとしても人気です。
M性感では、始めから終わりまで女性キャストがプレイをリードします。男性も一方的に気持ちよくなりに来ているので、イヤな行為を強要してくることはほとんどありません。SMやオナクラなどで無茶な要求をされてうんざりしたことのなる女性でも、M性感なら気軽に働けると人気です。
男性客をソフトに責めて癒してあげればいいのですから、ハードなヘルスサービスが嫌だという方にも向いています。

肝心の収入は?

オナクラなどのソフトサービスの風俗店などと比べ、M性感を利用する際の基本料金は少し高めに設定されています。
オナクラだけでなく、一般的なヘルス店などと比べてもやや高めの料金設定です。
これは、普通の風俗サービスと違い少しばかりテクニックが必要だからです。いくらM気質であっても、簡単に責めるだけでは気持ちよくなってもらうことはできません。
タッチされることなく気持ちよくなってもらうには、それなりのテクニックが必要になります。そのため、基本料金が高めに設定されているのです。基本料金が高めに設定されているため、それに合わせてお給料も他の風俗店より高めです。
ただ、お店によってかなり違いがあるため、入店前にきちんと確認しておくことをおすすめします。M性感の求人はたくさんありますから、できるだけ有利なところを選びましょう。
なお、男性客を気持ちよくするためのテクニックは、入店後に講習などがありますから初めてでも簡単に身につけることができますので安心してください。

こんな女性におすすめ!

M性感のサービスは、基本的に女性キャストがリードし、男性は受け身のままプレイが行われます。
女性キャストが男性客を責めるわけですから、他の業種と違い男性との接触は最小限で済みます。
接触が少ないため性病のリスクも低く、女性がマイペースでサービスを提供することが可能です。
お客さまを気持ちよく満足させる必要がありますが、イヤなことを強要されることはほとんどありません。
お客さまを満足させるためにはテクニックが必要ですが、慣れてくれば誰でもテクニシャンになることができます。
すこしS気質のある女性なら、男性をいじめることで今まで眠っていたS気質に気づくかもしれません。
M性感では、テクニックと言葉責めが何より重要です。
容姿に少しくらい自信がない方でも、テクニックの習得や言葉責めなら得意という女性に向いていますので風俗に興味がある方は、他の業種よりもリスクが低いM性感を体験してみませんか?

M性感のお店を探す

The following two tabs change content below.
PE-Kusa2

PE-Kusa2

温泉巡りが好きなライター。好物は鍋。西日本の風俗事情が気になっています。温泉地に行くなら風俗街も撮ってきてと無茶振りされるも、使命を思い出すのは帰りの新幹線。