デリヘル

デリヘル(デリバリーヘルス)のお仕事内容

デリヘル(デリバリーヘルス)のお仕事内容
デリヘル?

デリバリーヘルス(デリヘル)とは、お客様の宿泊しているホテルや自宅などにお伺いしてヘルスサービスをする風俗業種です。営業時間に制限のある店舗型風俗店と違って24時以降の深夜営業もできるので、中には24時間営業しているお店もあります。

シフトは自由出勤制が多いので、朝昼はもちろん深夜帯に働きたい人や夜型の人にとってもお店を探しやすく働きやすい業種です。

派遣先エリアの範囲が広いので集客力が高く、頑張り次第でかなりの高収入が見込めます。基本的に深夜はお店のドライバーが送迎してくれるので、終電の時間や家が遠いことなども気にせず働けます。出稼ぎの方向けに、事務所の近くにマンション寮を用意しているところもあります。

待機所は集団待機・個室待機が基本ですが、送迎車で待機する車待機、事務所周辺のネットカフェや外待機、寮待機、自宅待機がOKのお店もあります

現在の風俗業界ではデリバリーヘルスの求人が一番多いです。ジャンルも多種多様で、ヘルスだけではなくエステやSMなど多くの業種がデリバリーという営業形態をとっています。大手グループのお店や老舗店、新店、コンセプト店など様々なお店があるので、自分に合った求人情報を探しやすいのも特徴です。

派遣型と待ち合わせ型

デリヘルには「派遣型」と、お客様と駅などで待ち合わせてから一緒にホテルに入る「待ち合わせ型」があります。それぞれメリットがあり、どちらのタイプも取り入れているお店もあります。

いずれも最初の対面方法が違うだけで、プレイ内容や流れは同じです。どちらも待機所でお仕事が入るのを待ち、お客様がついたら指定の場所へ向かいます。

お客様と受付スタッフ
【派遣型】
派遣型の場合は送迎車で直接ホテルやご自宅へお伺いし、お客様のいるお部屋に女の子が後から入ります。お客様と一緒に外を歩くことがなく、ドアtoドアでの移動なので誰かに見られる心配が少ないです。

基本はお店のスタッフや専属送迎ドライバーが送り迎えをしてくれますが、女の子がマイカーで直接移動する「自走(じそう)」というシステムを取り入れているお店もあります。自走の場合は自宅待機がOKだったり、ガソリン代が支給されたりというメリットがあります。

ホテルの部屋番号や、マンションやアパートのお客様のお部屋番号を覚えておく必要があるので、スマホかメモ帳に書き留めるクセをつけると安心です。スマホの場合はメモ帳機能を使ったり、LINEのKeepメモ(キープメモ)という自分専用トークルームに書いておくなど色々あります。

メモするクセをつけておくと、お部屋番号だけでなく帰りの送迎車のナンバーを覚えるのにも役立ちます。

最近はお店とのLINEで、お客様の基本情報(お名前・来店回数・NG状況など)やホテルのお部屋番号などを共有するところが多く、この方法をとっているお店なら忘れることもなくて安心です。
お客様と街中で待ち合わせ
【待ち合わせ型】
待ち合わせタイプのお店は都心や繁華街に多いです。駅やホテル周辺などお店が指定した場所で待ち合わせをして、ご挨拶をしてから一緒にホテルへ向かいます。

遠目でお客様を確認できるので知人バレ防止になりますし、会話をしながらホテルへ入れるので緊張がほぐれてプレイがスムーズに進むというメリットがあります。この時のデート気分を楽しみにしているお客様も多いです。

基本のヘルスプレイ

ヘルスの 基本プレイは「キス・全身リップ・フェラ・玉舐め・パイズリ・指入れ・素股・ローション・69」などです。

これに オプションで口内発射、即尺、パンスト、コスプレ、アダルトグッズ各種、顔射、ごっくん、AFなどがありますが、店舗によって取り扱いの有無や料金が異なります。

他店でオプション扱いのものが、基本プレイに含まれているお店もあるので、お客様向けのホームページで内容や料金を確認しておくと安心です。また、オプションは 自分で「できる・できない」の設定が可能な店がほとんどです。自分の苦手なオプションを無理に受ける必要はありません。

接客時間の目安は60分~120分コースなど1時間以上のロングコースが多いです。わざわざホテルや自宅に女の子を呼ぶので、ゆっくり遊びたい人が多いからでしょう。

デリヘルのオシゴトの具体的な流れ

デリヘルのお仕事の具体的な流れ

具体的なお仕事の流れについてご紹介いたします。

【基本的な1日の流れ】
出勤→待機→お客様予約が入り次第派遣or待ち合わせ→お客様にご挨拶→お店へ連絡(インコール)→コース内容の確認→料金の受け取り→ヘルスサービス→お店へ連絡(アウトコール)&ご挨拶して退室→待機所に戻る→お仕事終わりにお給料を受け取り、退勤

待機について

お仕事が入るまでは、待機所にいることになります。待機の仕方はお店や女の子によって異なります。

集団待機
「集団待機」…大部屋で女の子達が集団で待機します。待機スペースが事務所とつながっていて「事務所待機」と呼ぶお店もあります。他の女の子と相談や雑談もできますし、スタッフがいる場合はお仕事の話をしやすいというメリットがあります。
個室待機
「個室待機」…大部屋をパーテーション等で区切ってネットカフェの個室のようにしたり、本格的な個室を用意してそこで女の子が一人で待機します。他の女性との人間関係を気にせずマイペースに過ごせるので人気の待遇です。
車待機
「車待機」…送迎車の中で待機する方法です。お仕事の予定が詰まっていたり、移動距離が長めの場合は、わざわざ毎回事務所に戻るよりこちらのほうが効率が良いので、導入しているお店もあります。1日の終わりのお給料清算もドライバーがしてくれるお店もあります。
外待機
「外待機」…事務所周辺のネットカフェなどで自由に待機できるシステムです。「自由待機・カフェ待機」とも呼ばれます。お仕事が入った時にいつでも対応できるよう、常に連絡が取れる状態にしてあれば、お買い物などしていてOKというお店もあります。ネットカフェで待機した場合はその代金を払ってくれるお店もあれば、自腹の場合もあるので確認しましょう。
自宅待機
「自宅待機」…事務所から自宅が近い場合や、マイカーや電車で直接お客様のいる場所に向かうシステムのお店は自宅待機OKのところもあります。
待機中の過ごし方

待機中の過ごし方は基本的に自由なので、スマホを見たり写メ日記を更新したり、勉強・仮眠・メイク直しなど人それぞれです。
他の女の子と無理にお話する必要はないので、集団待機でも挨拶程度の関りでマイペースに過ごす子もいます。

もっと詳しく!

実際にお客様とご対面した後の、詳しい流れをご説明します。一般的な60分コースの例です。

ご挨拶&タイマーセット【5~10分】
ご挨拶
まずはご挨拶をしてから、無事に到着したことを伝えるためお店に電話報告を入れます(インコール)。インコール時に店舗スタッフがコース料金の確認を必ずするので、お客様から料金を頂くという流れになっています。(前払い制)

おつり銭はお仕事バックに入れてありますが、もしなかった場合は連絡すればドライバーさんが持ってきてくれるので、それで清算します。

初対面のお客様は緊張していることもあるので、お互いにリラックスできるよう軽いトークをしつつ、持参したタイマーをセットします。これは、プレイ時間をオーバーしないようにするためです。
タイマーのセットの仕方やタイミングはお店に教わると思いますが、例えばこういうセットの仕方があります。
60分コースの場合、スタートから「50分後」にお風呂行きましょうの合図(アラーム1)。
そこから10分後の「60分後」にサービス終了の合図(アラーム2)。
慣れないうちはプレイの時間配分が難しいと思うので、特にタイマーセットを忘れないようにしましょう。
シャワータイム【5分程度】
デリヘルプレイ
歯磨きとイソジンうがい薬で口の中を清潔にします。シャワータイムでは、主にグリンスという消毒用石鹸を用いてお客様の体を丁寧に洗ってあげます。この時のイチャイチャが好きで、ロングコースを取るお客様もいます。その場合は湯船をはって、一緒にお湯につかることもあります。

出るときはお客様の体をタオルで丁寧に拭き、自分は手早く拭きます。そしてベッドへ向かいます。
ヘルスサービス【30~40分】
thank you!
ベッドでのヘルスサービスは、お店独自の決まりがない場合は自由な流れでプレイします。
ごくスタンダードな内容としては【オールヌード・キス・フェラ・全身リップ・69・手コキ・素股】などです。

お客様のご要望でオプションがつくこともありますが、オプションは自分で「OK/NG」が選べるので無理をすることはありません。
オプションはコスプレや電マ・ローターなどお店により様々なものがあります。
できる・できないを自分で選べて、オプション料金は全額バック(100%バック)になることが多いです。
シャワータイム【5分程度】
thank you!
プレイが終わったら、シャワーで汗やローションなどをきれいに洗い流します。この時もお客様優先で洗い、拭くときも先に拭いてあげると好印象です。
名刺を渡し、お別れの挨拶をして退室【5~10分】
thank you!
今回のお礼を伝えて、名刺を渡して次回の指名に繋げます。時間に余裕があったらまったりお話して過ごします。
終了時間になると、タイマーが鳴るのでお別れの挨拶をして退室します。
お店へ電話をして(アウトコール)、サービスが終了したことを伝えましょう。

お別れした後は、お客様はそのままゆっくりしたり、ホテルの場合は帰ったりします。女の子は待機所に戻るのが基本なので、帰りが一緒になることは基本的にありません。
アウトコールは忘れずに!お店はちゃんとコース時間内にプレイが終わったかどうかの確認や、何かトラブルが起きてないかなどを把握するため、アウトコールが来るのを待っています。お店からの信頼に関わるので、忘れずに電話するようにしましょう。

派遣型の場合はアウトコールの際に送迎車のナンバーを教えてもらえるので、忘れないようメモしておくと安心です。間違ってよそのお店の送迎車に乗り込んでしまったという例もあるので気をつけましょう。

デリヘルで働くメリットとデメリット

デリヘルで働くメリットとデメリット

デリヘルで働くメリットについて詳しくご紹介いたします。
デリヘルのお仕事にはデメリットもあるので、自分が希望する働き方に照らし合わせてよく検討しましょう。

デリヘルで働くメリット

お店の数が多い
デリヘルは風俗業種の中で一番店舗数が多いです。営業地域が限られるソープやピンサロのような店舗型と違い、全国各地にお店があります。

コンセプトやジャンルも様々で、ぽっちゃり専門店や人妻店、SM系や学園系、素人専門店など色々あるので、自分に合ったお店を探しやすいです。
広範囲から集客
派遣型という特徴から、一定のエリアだけでなく広範囲のお客様をカバーできるのがデリヘルの強みです。利用するお客様の数が多いので、お仕事が確保しやすいと言えるでしょう。NG地域やNG客の指定もできるので、身バレ防止のためにもお店に相談しておくと安心です。
24時間営業
デリヘルは24時間営業が可能な業種です。そのため早朝や深夜帯にお仕事することもできるので、夜型の女性や遅い時間に副業したい女性にとって最適です。一般的に終電後は送迎車が出るので、移動の心配はいりません。
店舗型ヘルスよりお給料が高め
ファッションヘルス(店舗型ヘルス)よりデリヘルの方がややお給料設定が高い傾向にあります。これは店舗型と違って水道光熱費や家賃などを抑えられているので、その分がお給料に還元されているからです。

また、お客様によりますが店舗型に比べてチップやプレゼントをくれる方も多いようです。

デリヘルで働くデメリット

移動時間のロス
事務所から遠い地域からばかりお客様が集まるお店は、移動時間のロスがあります。60分コースのために往復60分かかるという可能性もあるので、あまりに非効率的な場合は移籍を含めよく考えてみましょう。自走でガソリン代が出ないお店なども要注意です。

ただ、移動時間が苦にならない女性は車中待機でリラックスできるというメリットもあります。
万が一の時のタイムラグ
店内での接客ではないため、万が一トラブルが起きた際にスタッフが駆け付けるまで少し時間がかかります。もし何かあった時の対応はどうしたらいいかなど、きちんと教えてくれるお店だと信頼感があります。
知人と遭遇する可能性がある
監視カメラなどで来店したお客様をチェックできる店舗型に比べて、デリヘルは外移動中に知人と遭遇するリスクがあります。とはいえ基本は車でドアtoドアの移動なので、徒歩でホテルに向かうホテヘルに比べれば知人バレのリスクは少ないかもしれません。
回転率と給与と身バレの表
接客場所の良し悪し
派遣先のホテルや自宅の環境が良いとは限りません。衛生的に不安になるようなケースが続く場合は、指定ホテルのNGや、自宅派遣NGなどで対策できますが、集客力に限りが出てしまうというデメリットがあります。
盗撮の危険
自宅派遣の場合、気をつけなければならないのは盗撮のリスクです。ホテルと違いお客様の自室なので何か細工をされていても気付きづらく、女の子の注意だけでは防ぎきれないこともあります。

ただし多くのデリヘル店舗で自宅派遣NGにできたり、様々な予防策を教えてもらえることもあるので、しっかり自衛していきましょう。

デリヘルのお給料の目安とバック率

デリヘルのお給料の目安とバック率

デリヘルのお給料は時給ではなく完全歩合制で、働いた分だけもらえます。お客様が入らないとゼロ円なので、指名でもフリーでも大切な1人となります。

金額の目安は、お客様料金の50~60%バックです。それ以上のバック率は高バック率!基本のお給料プラス、指名料やオプション料が追加でもらえます。

また、お店の格式やプレイのハードさによっても料金(=お給料)がかなり違ってきます。

お給料とオプションの目安とバック率

お仕事は完全歩合制なので、勤務時間や接客人数、指名の数などで金額が変わってきます。長時間勤務でたくさん接客すればそのぶん高収入ですが、体が疲れすぎてもよくありません。目標金額や自分の体調を考慮して、無理のないシフトを組めるようにしましょう。

ジャンル別お給料の違い

お給料は公開されていないことが多いので、「お客様料金の50~60%」を目安として計算するとだいたいの手取りの予想がつきます。

指名料の相場は1,000円~2,000円ですが、超高級店になると指名料だけで5,000円以上するところもあります。

お給料計算の例

料金が安いから悪いというわけではなく、採用のハードルが低かったり、ソフトサービスでOKというメリットがあったりします。
料金だけで判断せず、お仕事内容や募集条件をよく見比べてみましょう。

デリヘルのお仕事を探すうえでのポイント

デリヘルには様々なコンセプトや料金体系のお店があります。素人や初心者を大歓迎しているお店や、若い子中心の学園系、大人の女性向け人妻系、ぽっちゃり専門店、高級店、ソフトサービス店など…。お給料や待遇だけに注目するのではなく、自分の個性に合ったお店を探すと採用されやすいです。

お店の営業用サイトをチェックして、基本プレイ内容や在籍女性の一覧をチェックすると、お仕事内容や雰囲気がよりわかやすいです。求人を見て気になるお店が複数ある場合は、営業用サイトも見比べてみましょう。

面接~体験入店までの流れ

面接予約から体験入店までの流れを詳しくご説明いたします。

まずは面接予約!
スマホ
まずは面接予約をします。連絡方法は、お店が指定しているものなら電話やLINE、応募フォームなど何でも大丈夫です。電話の場合は営業時間内にかけるようにしましょう。

【電話のかけ方一例】
「はじ風の求人ページを見てお電話しました。面接担当の方はいらっしゃいますか?」

【LINEやメールの挨拶例】
「はじ風の求人ページを見ました。お話を聞いてみたいのですが、どうすればいいですか?」
※余裕があれば「△歳です、風俗のお仕事は未経験です」「◯◯県から出稼ぎ希望です」など、自分の情報や希望を添えるとスムーズです。

面接日時はこちらの都合に合わせてもらえるので、都合の良い日をいくつか言えるようにしておくと安心です。(担当者が不在で第一希望がNGなこともあるため)

また、面接の際に必要なものも忘れずに確認しておきましょう!たいていの場合は履歴書は不要で、顔写真付きの身分証明書(運転免許証やパスポートなど)を求められることがほとんどです。
風俗のお仕事は18歳以上(高校生不可)でないと働けません。きちんと本人かどうかの年齢確認のために、身分証の提示が必要なのです。本人確認が必要なのは、普通のお仕事でも同じですよね。身分証の確認をするのは、法律を守って営業しているお店なら当然のことなので心配はいりません。
いざ面接へ!
聞いておきたいこと
お店の人に聞いておきたいことは、あらかじめ考えておいたり、メモしておくと安心です。また、実際にお店の中の様子を見せてもらえる場合は、待機所の雰囲気や事務所のスタッフさんの様子などを気にしておきましょう。きれいで明るいとか、電話がよく鳴っているとか、すれ違った女性が挨拶をしてくれたなど、お店の雰囲気を知る手掛かりになります。
講習について
パソコン
面接でお話をして、その場で採用が決まることもあります。もちろん「いったん家に持ち帰って入店を検討したい」という場合は、そう伝えれば無理な引き止めなどはされません。
お互いの了承のもと入店が決まった場合、お仕事を始める前に「講習」があります。

講習とはお仕事の流れやプレイのやり方などを、詳しく教えてもらうことです。講習を担当するのは店長さんだったり、専属の女性講師や、先輩キャストだったりとお店によって異なります。

講習のやり方も口頭で説明するだけのお店や、マニュアル本やDVD動画で講習をするお店、実際に女性講師に仮プレイのように流れを教えてもらう実技講習など色々あります。スタッフさんと実際にホテルに入り、お互いに服を着たまま口頭で流れを説明されるケースもあります。

服を脱いで男性スタッフを相手にするような、実技講習をするお店は最近では減ってきました。「不安だからどうしてもやっておきたい」という希望者のみ実技講習をするお店が多いようです。男性スタッフからのセクハラ講習が不安な方は、実技講習のないお店を選ぶと良いでしょう。
お仕事&お給料
お金
講習を終えたら、お仕事スタートです!まずは『体験入店』といって、お試しでお仕事できる制度を設けているお店がほとんどです。実際に接客してみて、大丈夫そうならそのまま本入店(正式入店)し、無理そうだったらそう伝えて退店となります。

体験入店と正式入店の違いは実はそんなになく、どちらも「辞めたいな」と思ったら辞められますし、その場合でもお給料はきちんと全額もらえます。。体験当日に「やっぱり辞めます」となっても、その日に働いた分は全額もらえるので無理をしないようにしましょう。「ここなら頑張れそう」と思ったら、そのまま頑張って目標金額を稼いでいきましょう!

こんな女性はデリヘルに向いてます!

こんな女性はデリヘルに向いてます!

デリヘルは様々な特色のあるお店が全国各地に存在しているので、未経験の女性でも希望エリアでお仕事を探しやすいです。

勤務時間は基本的に「自由出勤制」といって、自分で好きなようにシフトを組めるお店がほとんどです。一般的に終電後の時間帯はお店のスタッフや専属ドライバーさんによる送迎があるので、移動の心配なく働けます。ライフスタイルに合わせやすいので、様々な女性が活躍しています。

自由出勤制

デリヘルの特徴として、短時間×低料金で回転数で稼ぐやり方ではなく、ロングコースが多く1本単価でしっかり稼ぐ業種です。そのため接客人数を抑えて稼ぐことができます。体の負担が気になる方や、余裕を持って働きたい女性に向いていると言えるでしょう。

そのかわり、お客様の入りが良くない日にあまりにも短時間シフトだと、待機だけで終わってしまう可能性もあります。ロングコースを指定してくれたり、安定して来てくれる本指名客がいると強みになるので、プレイ以外にもおもてなしやコミュニケーションを大事にできる人にも向いています。

さらに以下のような特徴がある女性はデリヘルに向いていて、より稼ぎやすいと言えるでしょう。

DELIVERY HELTH
  • 笑顔・愛想が良い・聞き上手(話し上手)
  • 日払いでお給料をもらいたい
  • 24時間好きな時に働きたい
  • 車移動が苦ではない(好き)
  • 短時間で接客本数をこなすより、ゆったり働きたい
  • 接客と接客の合間に休憩時間を確保したい(移動時間)
デリヘルは店舗数が圧倒的に多く、詐欺的な営業をしている悪質なお店も多いので、お店選びに慎重になる必要があります。その点、当サイト『はじ風』ならきちんと審査した求人を掲載しているので安心してお仕事探しができます。

実際にデリヘルで働く女の子インタビュー

当サイト『はじめての風俗アルバイト』では、実際にデリヘルで働いている女性への直接インタビューも行っています。どんな女性が働いていて、どれくらいのお給料を稼いでいるかや、お店の特徴を知ることができる貴重なコンテンツ!ぜひご覧ください。

デリヘルのオシゴトQ&A

女の子が直接お店や業界人に質問できる「Q&A」のコーナーもあります!デリヘルについて注目度の高かったご質問をピックアップしました。また、この質問箱のコーナーは登録不要で無料でご利用できるので、気になることは遠慮なく投稿してみてくださいね!

ご希望のエリアのお仕事を検索

他の業種から探す閉じる
はじめての風俗アルバイトには18歳未満の方、
および高校生の応募をお断りしている
風俗求人・バイト募集情報が含まれています。
18歳未満|EXIT

エリアを絞り込み

関西エリア
関西エリア閉じる
東海エリア
東海エリア閉じる
中国・四国エリア
中国・四国エリア閉じる
九州・沖縄エリア
九州・沖縄エリア閉じる
北海道エリア
北海道エリア閉じる
  •  [北海道]
  • すすきの(札幌)
  • ・苫小牧/千歳
  • ・函館
  • ・釧路
  • ・帯広/中標津
  • 旭川
  • ・北見
  • ・稚内
  • ・url_cnt
東北エリア
東北エリア閉じる
甲信越・北陸エリア
甲信越・北陸エリア閉じる

急募の高収入アルバイト

新着求人店舗

30からの風俗アルバイトはじめての高収入求人 俺の風
ページ解説閉じる

全国のデリヘル求人・アルバイト情報が満載♪

デリバリーヘルス(デリヘル)は現在の風俗業界で最も勢いがありアルバイト募集情報も多数出ている業種です。お店の中での接客ではなく、お客様の自宅や宿泊先のホテル、レンタルルームなどへ行ってヘルスサービスをするお仕事です。事務所や待機所で女の子は待機していて、お客様から電話がきたらお店のドライバーが指定の場所まで送迎してくれます。かなり広範囲のエリアをカバーしているお店もあり、その分集客力も高まります。デリヘルは他の風俗業と違い24時間営業できるので、学生やOLなど夜遅くしか働けない女性や掛け持ちのアルバイトをしたい女の子、午前中だけ働きたい人妻や主婦の女性などでも自由に出勤時間を選べるのでとても便利です。基本的に自由出勤制のお店がほとんどで、最低2~3時間、週1日からOKというところが多いです。終電後の遅い時間にはお店が最寄りの駅や場所まで送迎をしてくれるので安心です。バック率(お給料の割合)や特典・待遇は店舗によって様々ですが、アリバイ対策やノルマなし、託児所紹介や体験入店歓迎、送迎ありなどはよくある待遇ですので面接時やお問い合わせ時に確認してみましょう。デリバリーヘルスのお店はジャンルやコンセプトも様々なので、自分に合ったお店が探しやすいです。