セクキャバ

セクキャバ(おっパブ)のお仕事はキャバクラ以上風俗未満!店内のフロアで接客し上半身へのボディタッチがメインです。射精へつながる性的プレイは禁止なので基本はキスとお触りのみ!当然フェラも手コキもありません。お酒が飲めなくても働けて、時給制やぽっちゃりOKのお店も多いソフトサービスの風俗業種です。

目次

セクキャバ・いちゃキャバのお仕事内容

セクキャバ?

セクキャバはセクシーキャバクラの略で、おっパブ・セクパブ・2ショットキャバクラなどと呼ばれる業種です。キャバクラのように店内のフロアでお客様のお席につき、会話と上半身へのボディタッチで接客します。

いちゃいちゃメインなので女の子はお酒が飲めなくても大丈夫ですし、風俗と違い射精に繋がるような性的プレイはありません。お客様がズボンを脱ぐことはなく、お互い全裸にならずにいちゃいちゃします。

トーク、お酒、タッチ

いちゃキャバはセクキャバがさらにソフトになった内容で、女の子は完全着衣のまま接客し、ボディタッチも服の上からとなります。

お店の数は少ないですが、お触りも禁止している「ランジェリーパブ(ランパブ)」という業種もあります。

【営業形態】 いずれも店舗型なので繁華街に多いです。夜だけ営業しているお店と、朝昼から営業しているお店があります。「2部制」といって、朝昼と夜で料金システムや女の子が完全に入れ替わるお店もあります。

【プレイ内容】 会話、キス、ハグ、上半身メインのボディタッチです(いちゃキャバの場合は完全着衣)。お尻やデリケートゾーンへのタッチは、できるできないがお店によって異なります。フェラ・手コキ・素股のような射精につながる性的プレイは一切ありません。

【シフト】 基本は自由出勤制です。ほとんどが終電上がりOKで、終電後はお店のスタッフかドライバーが送りをしてくれるので安心です。

「マンツーマン」と「入れ替わり式」

セクキャバは接客スタイルが2種類あり、お店によって異なります。

マンツーマン接客
【マンツーマン】
「マンツーマン」接客は、例えば1セット40分のコースを利用するお客様に対し、最初から最後までずっと1人の女の子がお相手します。お客様1人に対し女の子も1人です。
入れ替わり接客
【女の子が入れ替わる】
1人のお客様に対し女の子が交替で複数つくスタイルもあります。
キャバクラと一緒で、お客様がフリー(指名なし)で入ると、場内指名を入れるまでセット時間内で女の子が交替していきます。

ダウンタイム(ショータイム)について

セクキャバ用語の「ダウンタイム」とは、セット時間内にBGMや照明が変わり「その時間帯はお触りOK」となる仕組みのことです。ダウンタイムに入るまでの時間は会話や軽いいちゃいちゃで接客します。

このシステムを取り入れている店は「ダウンタイム制・ショータイム制」と呼ばれ、セット時間内ならいつでもお触りOKのお店は「オールダウン」です。

お酒について

セクキャバはキャバクラと違い、お酒が飲めない女の子でもOK!高いお酒で売り上げを上げるキャバクラと違い、セクキャバはお客様は基本は飲み放題なので、無理にすすめる必要もないし、一緒にお酒を飲む必要もありません。

お酒は飲めなくても飲まなくてもOK

最近では、女の子からのドリンクおねだりを禁止するお店も出てきました。お店が禁止しておくことで、お客様は余計な不安なく遊べますし、女の子も無理に飲もうとしなくていいので安心です。本当に気に入った子にはお客様の方からご馳走してくれるので、飲めなくても乾杯につきあい笑顔でお礼を伝えましょう。

女の子用のドリンクは有料となっているので、余裕のあるお客様はそれを注文して一緒に乾杯してくれることもあります。その際も無理せずソフトドリンクでもいいですし、もし飲めるならそのドリンク代がいくらか女の子のお給料に還元(ドリンクバック)されることもあります。お酒が好きな子は強みになりますね。キャバクラのようにシャンパンもあるので、かなりの高額バックも期待できます!

指名について

【本指名】 お客様が事前に女の子を指名していることを「本指名」や「場外指名」と言います。一度指名なしで遊んだ女の子を、次回来店時に指名すると「本指名」となります。

本指名

【場内指名】 フリー(指名なし)で入店する場合は、お客様は基本的に入店時は指名できません。遊んでいる際に気に入った子がいれば「場内指名」といって、その場で指名することはできます。

例えば入れ替わり式のお店で本来A・B・Cちゃんという流れのところ、中盤のBちゃんがタイプだったので後半もそのままBちゃんで…というのが場内指名です。

場内指名

本指名・場内指名のどちらの場合でも、お客様は指名料がかかりますが、気に入った子と少しでも長く遊ぶことができます。女の子には指名料が入るので、ありがたいですね。

セクキャバのお仕事の具体的な流れ

セクキャバのお仕事の基本的な1日の流れはこうです。

【基本的な1日の流れ】
出勤→衣装に着替えて待機→お客様が入り次第お仕事(ご挨拶・会話・キス・ハグ・ボディタッチなど)→待機に戻る→お仕事終わりにお給料を受け取り、退勤

待機について

セクキャバは1回の接客時間が短く、お客様の入れ替わりが早い(回転率が良い)ので、長時間待機するということはまずありません。そのため集団待機が基本となります。

すぐお客様につくことができるので、他の女性との人間関係も挨拶程度で大丈夫!集団待機といっても、待機室に鍵付きの個人用ロッカーや着替え用スペースを用意するなどプライバシーに配慮しているお店も多いです。

セクキャバで働くメリットとデメリット

セクキャバはお店のフロアで接客する店舗型ですし、サービス内容も風俗店に比べてソフトです。高収入のお仕事が未経験の女の子でも始めやすいサービス内容のお店で、メリットも色々あります。
セクキャバのお仕事にはデメリットもあるので、自分が希望する働き方に照らし合わせてよく検討しましょう。

メリットとデメリット

セクキャバで働くメリット

サービス内容がソフト
セクキャバの基本サービスはキスとバストタッチです。他の風俗業種のように、フェラや手コキ、素股などの射精に繋がる性的プレイ・ハードサービスがありません。お客様は着衣のままでサービスを受けます。そうしたプレイに抵抗のある女の子にとって、比較的ソフトな内容となっています。
お酒が好きでも、飲めなくても大丈夫
キャバクラと違いお酒の売り上げはそれほど重視されないので、アルコール一切NGという女の子でも無理することなく働けます。翌朝に予定がある人や、学生や会社員でも、二日酔いに悩まされることなく働けるのは大きなメリットですよね。

もちろんお酒が大好きな子はそれをアピールポイントにして、お客様に上手におねだりをすることもできます。通常のお給料にプラスしてドリンクバックが入るので、効率よく稼ぎやすくなるでしょう。
営業をしなくていい
キャバクラだとお客様に名刺をお渡ししたり、営業用のLINEやメアドを教えてきめ細かに営業する必要があります。就業時間外でもお客様から連絡が来るので、プライベートが侵食されているようでつらいという女の子は多いです。同伴やアフターで気を遣うのも負担ですよね。

その点セクキャバは、自分から営業をかける必要はありません。女の子の身バレ防止のためにお店も色々と気を遣ってくれますし、お店によっては同伴アフターのお誘いも禁止しているところも多いです。お客様と連絡先を交換しなくていいので、仕事は仕事、プライベートはプライベートときちんと分けて生活することができます。
トークが苦手な子でも働きやすい
セクキャバでは1セット40分くらいが基本です。キャバクラのように何時間も飲み続ける人もいませんし、風俗店のようにマンツーマンで密室でロングコース接客ということもありません。

しかもセット時間内に女の子が何人か入れ替わるので、女の子の持ち時間は1回10分~15分程度だったりします。
早い持ち時間

愛想や楽しませようとする雰囲気作りはもちろん大事ですが、おしゃべりにそれほど時間を割かなくていいので、トークがちょっと苦手な子や人見知りの子、シャイな子でも無理をすることなくお仕事に集中できます。
巨乳・ぽっちゃりさんでも採用されやすい
セクキャバは「おっパブ(おっぱいパブ)」という名称の通り、バストの魅力で男性客にサービスします。そのため巨乳・巨尻のグラマーさんやぽっちゃりさんなど大歓迎!容姿に厳しいキャバクラや、細い子が多い風俗店だと他に埋もれてしまいそうな子でも、存分にその魅力を発揮することができます。

コンプレックスをチャームポイントに変えることができるので、働くうちに自信を持てるようになる子もいます。
効率よく稼げる(回転率が良い)
セクキャバはコース時間内に女の子が複数ついたりすることや、短時間でどんどんお客様を回していくことから、回転率が良いのが特徴です。

基本的に出勤すれば必ず1回は接客するはずなので、「お客様が来なくて0円だった」というリスクがありません。短時間シフトでも確実にお給料を持って帰れる安心感があります。

セクキャバで働くデメリット

受け身より積極性が大事
接客時間が短いので、お客様はトークよりもプレイ重視の方が多いです。おしゃべりが楽しくても上手にプレイに誘導してあげた方が結果的に満足度が高くなり、リピートしてもらいやすくなります。

セクキャバ慣れしていないお客様の中には「どこまで触っていいかわからない」という方もいるので、女の子からアクションを起こす必要があります。受け身の姿勢よりも、積極的に動ける人や責め好きの女性に向いています。
敏感肌の人は注意
風俗と違いハードプレイや接客ごとのシャワーがないので、肌への負担は少ないほうですが、バストタッチされ続けることで肌が赤くなってしまうことも考えられます。皮膚が弱い人はその点に気を付けましょう。お店に相談して、ときどき休憩を挟んでお肌を冷やす(クールダウン)など上手に対応していけると良いですね。
お肌ケア
風俗よりはお給料は安め
1本単価の高いソープランドやデリヘルなどと比べると、セクキャバのお給料は少し休めです。その代わりソフトサービスですし、回転率が良く0円で帰るリスクもないので、どちらを取るかはよく考えてみると良いでしょう。
お店のある場所が限られている
基本的にセクキャバは繁華街に店舗を構えています。派遣型風俗店のように全国どこでもあるというわけではないので、お住いの地域に求人がない可能性もあります。通える範囲かかどうかや、そのエリアに知人が多いかなどを気にしつつ求人を探しましょう。

セクキャバのお給料目安

セクキャバのお給料は一般的に「時給制」と「歩合制」があります。

【歩合制】 他の風俗業種と同じように、接客した人数や売り上げに応じてお給料が発生する仕組みです。朝昼営業しているお店(朝セク・昼セク)を中心にこのお給料体系のお店が増えてきました。お客様が来なかったら0円ですが、たくさん来ればそれだけ稼げるので、頑張る子にとって時給よりも稼ぎやすいやりがいのある給与体系です。

本指名の場合…売り上げの折半(お客様料金から折半)
フリーの場合…何人つくかで変動

【時給制】 「時給+指名などの歩合」でプラスαを稼げるようになっています。時給相場は2,500円~4,000円くらいで、都心の人気店だと時給5,000円のところもあります。
この基本時給に、指名料やドリンクバックなどのプラスαのバックがつきます。

時給の決め方はお店それぞれの仕組みがあるのですが、「スライド制」といって、売り上げなどに応じて翌月の時給が変わる仕組みをとっているお店もあります。

【ポイントスライド制】 本指名、ドリンクバック、同伴などをポイント換算し、月間ポイント数に応じて翌月の時給が変動!

【売上スライド制】 本指名、ドリンクなどの売り上げ合計によって翌月の時給が変動!ポイントよりわかりやすいですね。

【バックの種類いろいろ】 基本のお給料にプラスされる各種バックは、お客様が支払う料金の一部~全額バックされます。その割合や金額はお店によって設定が違うので、確認しておきましょう。

バックの種類

引かれものについて

【雑費】 セクキャバの中には雑費を取るお店もあります。雑費は1日500円~1,000円程度を固定で取るお店と、女の子のその日のお給料の何%、としているお店とあります。

雑費とはお店が用意している備品代や消耗品代です。例えば待機所で自由に使えるヘアアイロンや、うがい薬のような衛生用品、トイレットペーパー、おしぼりなど。衣装のクリーニング代も雑費に含まれる場合もあります。

【送り代】 営業終了後に、終電をなくした女の子を自宅やその最寄りまで送ってくれるサービスがあります。送ってくれるのはお店のスタッフや専属ドライバーなので安全ですし、送迎無料のお店もありますが、距離によっては1回500円~2,000円程度とるところもあります。

タクシーを使った方が安くなるのでは意味がないので、送迎無料のお店を選ぶか、終電までに上がるシフトにするなど工夫しましょう。

ソフトだけど日給35,000円以上可能の例

セクキャバのお仕事を探すうえでのポイント

働くお店の探し方

セクキャバはソフトサービスですが、ボディタッチをどこまで許容しているかなど細かいサービス内容はお店によって異なります。そのためお店探しをする際は、女性向け求人ページだけではなく、営業用ページやお客様の口コミなども参考にして、よく調べておくと安心です。もちろん直接お店に問い合わせるのも確実です。

また、公式ホームページがなくポータルサイトにしか情報がなかったり、在籍女性の写真がないお店も意外とあります。不安に感じるかもしれませんが、新店だから準備中なだけだったり、女の子の身バレ防止のために写真を掲載しないという方針かもしれません。

この「女性の写真がない」お店は結構あり、逆に言えば「自分も顔出ししなくていい」お店ということです。身バレを気にする女性にとっては入りやすいと言えます。

お給料の仕組みは複雑で、一度聞いただけではわからない場合もあります。給与システム以外では以下のような点を気にしてみましょう。

・未経験でも歓迎しているか
・お店のコンセプトや在籍女性の雰囲気
・勤務時間(何時から営業していて、短時間OKか、終電上がりOKか、送りはあるのかなど)
・体験入店の有無

もちろんこれ以外にもご自分が気にするこだわりや条件があると思います。妥協できる点と、ゆずりたくない点をよく考えてお店探しをしていきましょう。

セクキャバに向いている女性

セクキャバは他の風俗業種と違って射精へ導くサービスがないので、病気の心配をせずソフトサービスで働くことができます。短時間で効率よく接客していけますし、店舗型なので安全度も高く、未経験の女の子でも応募しやすい業種と言えるでしょう。

SEXY CABRET AND ICHA2 CABRET
  • 性病のリスクがない業種がいい
  • ソフトサービスで働きたい
  • お酒が好き・お酒が飲めない
  • 業界未経験
  • 短時間接客がいい
  • 私服はイヤ!衣装で接客したい
  • 積極的に動きたいほう・責め好き
  • 巨乳・巨尻・ぽっちゃり
朝セク・昼セクといって、早朝・昼間に営業をしているお店もありますが、基本的には夜17時以降がセクキャバのオープン時間です。店舗型なので閉店時間も24時と決まっています。

日中や深夜帯に働きたいという人よりも、学校やお仕事終わりなど夕方~夜にかけて働きたい人に向いています。

実際にセクキャバで働く女の子インタビュー

当サイト『はじめての風俗アルバイト』では、実際にセクキャバで働いている女性への直接インタビューも行っています。どんな女性が働いていて、どれくらいのお給料を稼いでいるかや、お店の特徴を知ることができる貴重なコンテンツ!ぜひご覧ください。

セクキャバのお仕事Q&A

女の子が直接お店や業界人に質問できる「Q&A」のコーナーもあります!セクキャバに関わるご質問をピックアップしました。また、この質問箱のコーナーは登録不要で無料でご利用できるので、気になることは遠慮なく投稿してみてくださいね!

ご希望のエリアのお仕事を検索

はじめての風俗アルバイトには18歳未満の方、および高校生の応募をお断りしている風俗求人・バイト募集情報が含まれています。
18歳未満|EXIT

お役立ちコンテンツ

急募の高収入アルバイト 急募一覧を見る