あなたは風俗店向き?水商売向き?見分けるポイント

風俗店と水商売には向き・不向きがあります。自分が風俗店に向いているのか、それとも水商売に向いているのかをしっかりと見極めてからお仕事を決めましょう。今回はそれぞれに向いている性格をご紹介しています。

風俗店でキャストとして働こうと思った時、お給料やサービス内容も気になりますが、そもそも「自分は風俗に向いているの?」と気になる方もいるのではないでしょうか。
どんな仕事にも向き・不向きがあります。風俗店向きの女の子もいれば、キャバクラなどの水商売に向いている女の子もいるものです。
今回は自分が風俗店向きなのか、それとも水商売向きなのかを見分けるポイントをご紹介! 今回の記事を参考に“自分に合った選択”をしてくださいね。

風俗店向きな女の子の特徴

風俗店のキャストは、以下のような女の子に向いています。

目標に向かって頑張れる女の子

自分に目標があって、そのためにしっかりと頑張れる女の子は風俗店向きです。
風俗店のキャストは他のお仕事よりも高収入が見込めます。でも、「なんとなくお金が欲しい」という気持ちだと、モチベーションが維持できなくなることもあります。
「目標があって、その目標に向けてお金を稼ぎたい」という意志があれば、より前向きに仕事ができるはずです!

真面目で責任感がある

風俗店のキャストは真面目な人ほど向いている傾向があります。
たくさんのお客様が来店してくださいますが、責任感の強い女の子ほどお客様一人一人と向き合って、満足してもらえるようなサービスを提供できるからです。
お客様に満足してもらえれば、その分指名を多く獲得できるので、収入も高くなります。

体力に自信がある

風俗店のキャストは体が資本となるお仕事ですので、体力がある人のほうが向いています。
風俗店は指名が増えるにつれてハードになっていく、体力がものを言う仕事です。
いつも笑顔で一生懸命お客様にサービスできれば、たちまち人気キャストの仲間入りですよ。

エッチなことが好き

意外と見落としがちですが、エッチなことが好きなのは「才能」です。
「エッチなことが苦手だけど頑張る」という女の子よりも「エッチなことが大好き!」という女の子のほうが風俗店向きなのは当然ですよね。楽しんで仕事をできることが一番大切です!

水商売向きな女の子の特徴

水商売は以下のような特徴を持った女の子に向いている職業です。

負けず嫌いで気が強い

キャバクラなどの水商売は、キャスト同士での争いに勝たなければなりません。水商売では、キャスト全員がライバルになります。
女の子同士の争いに勝つためには、「絶対に勝つ」という気持ちです。負けず嫌いで精神的にタフな女の子ほど人気が高く、水商売向きだと言えます。

誰とでも楽しくおしゃべりができる

たくさんのお客様が来店してくださるので、コミュニケーション能力が高く、誰とでも会話ができる女の子は水商売向きです。風俗店のキャストも会話はありますが、水商売と比べるとあまりトーク力は求められません。
反対に、引っ込み思案で人と話すのが苦手という人は水商売に不向きだと言えるでしょう。

お酒が大好き

水商売ですとお客様からお酒をいただくことが多いので、お酒が好きな人はピッタリの職業と言えます。お酒が好きなだけではなく“お酒が強い人”であれば理想ですが、お酒がそこまで強くなくても、お客様と楽しくお酒が飲めるのであれば十分向いていると言えるでしょう。

自分の性格に合わせましょう

風俗店と水商売は「お客様に癒しを与える職業」という点では共通していますが、向き・不向きという点で考えると大きく異なります。
風俗店と水商売のどちらで働こうか迷っている方は、自分の性格から決めてみるのも良いでしょう。楽しくしっかり働ける場所を見つけてくださいね。

The following two tabs change content below.
外部ライター

外部ライター

外部ライターによる寄稿記事です。