本指名がとれるキャストになろう!風俗店での接客5つの極意

がんばっているつもりなのに、本指名がなかなか取れない…そんなあなた必見!風俗とは究極の「おもてなし」。プレイのテクニックと同じくらいお客様への「おもいやり」が大切なんです。そこで、お客様の心をギュッとつかんで離さない接客とは?!お客様のほめ方から恋人気分演出法、会話を盛り上げるコツなど、必ずリピートしてもらえるポイントをバッチリ伝授します!!

この記事に関連した求人

本指名がとれる風俗キャストになろう!5つの接客の極意

こんにちは!ソープやデリヘル、ファッションヘルスなど、風俗で働くキャストの皆さん、お仕事がんばってますか?目標や夢は、1日でも早くかなえたいですもんね。でも、こんなことありませんか?

プレイではがんばって、確実にお客様をイカせている。なのに「なかなか本指名が取れない…」「指名客が継続しない…」そんな状況が続くとちょっとキツイですよね。でもそうなってしまうのは何か原因があるはず。接客に問題はないでしょうか?

ということで、今回は「接客」がテーマ。

お客様の心をとらえて離さない、接客の極意をご紹介します。今、集客で伸び悩んでいる風俗キャストの方はもちろん、これから風俗バイトを始めようかと考えている人も参考にしてみてくださいね。

まずはチェック!知らないうちに地雷接客してませんか?

風俗業界で働いていると「地雷」「地雷接客」という言葉をよく耳にします。あまりにもマナーが悪いお客様、二度と来て欲しくないお客様に対して、女の子があえて地雷接客をすることもごくまれにあるようですが、基本的に地雷接客は風俗キャストとしてはNG行為。

もしあなたが普段から無意識で地雷接客してしまっているとしたら、それは致命傷です。こんな接客していないかチェックしてみましょう。

実物とHPの写真、サイズが違いすぎ!

HPの写真やプロフィールを見て女の子を指したのに、実物は顔もスリーサイズも別人!という事件がよくあって、これはもう接客以前の問題。風俗業界ではある程度の写真の修整はよくあることですが、やり過ぎは禁物。毎回お客様の反応が期待外れのようなら、お店に写真の修整度合いを調整してもらいましょう。

キスを嫌がる

キスが嫌い、苦手というキャストが意外に多いんですね。キスはプレイの大切な要素のひとつ。拒否するのは地雷行為です。

事務的な接客

「シャワー浴びたら、イソジンお願いします」

「受け身終わったんで、次は責めです」など。マニュアル通りの流れ作業的なサービスでは、お客様の気分は盛り上がりません。

ダメを連発する

「乳首触るのはダメ」「下半身タッチもダメ」など、オプションプレイでもないのにNGを連発するのは、100%地雷接客確定。特に「ダメ」が多い女の子は、ネット上で地雷嬢〇〇子と名前を上げられてしまうこともあります。

トークやシャワーの時間がやたら長い

お客様がおしゃべり好きな場合は別として、一方的に話したり、シャワーに長く時間を使い過ぎると、プレイ時間を短縮しようとしていると思われることも。

他の女の子や他のお客様の悪口を言う

女の子のグチや悪口を聞くために、お客様は貴重な時間とお金を使っているのではありません。ネット上の掲示板などに書かれてしまったら、集客どころか、スタッフからの評判もガタ落ちです。

これはほんの一例ですが、ひとつでもあてはまるものがあれば要注意。早速今日から改めて、マイナスイメージを挽回しましょう。

風俗とは究極の「おもてなし」ルックスよりも「おもいやり」

風俗のお仕事とは、決められた時間の中でお客様を喜ばせること。そして大切なのは、次につなげること。そのためには、初対面で自分を好きになってもらわなければならないのです。

美人だから、かわいいから、スタイルがいいからだけでは、お客様は長続きしません。数ある風俗店にルックスのいい子はたくさんいます。

何よりも大切なのは、お客様に対する思いやり。お客様ひとりひとりの性格や望みを理解し、自分にしかできない気配りや気遣いができるようになることです。そんなおもてなしができるキャストは、お客様にとってどんな他の女の子にも代えられない存在。自然と指名が増えていくのも当然です。

ではいよいよ本指名を増やすための具体的な方法をご紹介しますね。

本指名をとる5つの極意

1 常に笑顔を忘れない

笑顔で挨拶されて、嫌な気分になるお客様はいません。

ポイントは初めて顔合わせする時に、100%いえ、それ以上の笑顔でお迎えすること。たとえあなたがお客様のタイプでなかった場合でも、思いっきりの笑顔はそれに勝るパワーあり。「タイプとは違うけど性格はいい子みたいだな」とあなたの印象は格段よくなります。

2 お客様を小出しにほめる

初めてのお客様なら、ご挨拶したすぐ後は

・「このスーツおしゃれですね」
・「私、眼鏡をかけている男性に惹かれるんです」
・「素敵な色のネクタイですね」

など、まずお客様の身に着けている物からほめるのがおすすめ。顔のつくりや体型などは、こちらがいいと思ってもお客様はコンプレックスを持っている場合もあるからです。

次にシャワータイムなどでお客様との親近感を演出しながら、顔や体の魅力的なポイントを見つけてそこをほめてあげましょう。

・「胸板が厚くて男らしい!」
・「切れ長でシャープな目が素敵ですね」
・「低音でセクシーな声ですね」

など、ほめるポイントはいろいろあるはずです。

そしてプレイ後などにお客様の雰囲気や内面的なところをほめます。

・「その照れたような笑顔、カワイイですね」
・「お話ししてて、やさしい人だなぁって思いました」
・「落ち着いた大人な雰囲気に、私の方が癒されちゃいました」

など、お客様の内面に迫るほめ言葉は、あなたをより印象づけるはず。

最初から何でもかんでもほめ過ぎるとお客様は白々しく感じてしまうもの。少しずつ小出しにほめることで真実味が増しますし、お客様には「この子はちゃんと自分のことを見てくれている」「自分に好意を持ってくれている」と好印象を与えることができるのです。

3 居心地のよさを提供する

風俗ではお客様に性的な気持ちよさを提供するのは当たり前。それと同じくらい「居心地」のよさを感じる接客がリピーターを獲得する重要なポイントです。

お客様の好みや感じている温度を察して、空調を調節する
お客様が脱いだ服を、きちんときれいにたたむ
帰り際のお客様のジャケットやコートは、背後からやさしく着せてあげる
サービスやプレイを行う時は「痛くありませんか?」「くすぐったくないですか?」などさりげなく確認する
サービス後の処理は、お客様優先。自分のことは後回しにする

これもほんの一例をあげてみましたが、すべて最低限レベルの簡単なことばかり。ほんの少し気遣いを心がけるだけで、お客様のあなたに対する印象がグッとアップして、リピーターになる確率も高くなります。

4 恋人のような空間を作る

風俗店に来るお客様は、風俗キャストに対して「疑似恋愛」を求めて通って来る方もたくさんいます。プロとしての意識やサービスが大切なのはもちろんですが、恋人と過ごしているような雰囲気を演出できる風俗キャストこそ、お客様が「また会いたい」「なるべく長い時間一緒にいたい」と思ってリピートする存在なのです。

具体的に恋人っぽさを演出するコツをご紹介しますね。

45cmの距離感を意識する

心理学的には45cm未満の距離感は、夫婦や恋人などに許せるスペースと言われています。もちろん本当の夫婦や恋人ではありませんが、風俗店に来て女の子とのこの距離感を嫌がるお客様はいないでしょう。プレイ以外の時も常にお客様の体にタッチできる距離にいるのが基本。ベッドに腰掛けた時は体をぴったり密着させるのが、最も効果的です。

甘え上手になる

お客様の気持ちを先回りしてさまざまな気遣いをするのはとても大切ですが、たまにお客様に甘えてみるのも効果的です。例えばプレイ後に洋服を着る時、ワンピースの背中のファスナーを上げてもらったり、かたくて開けにくいペットボトルのドリンクのふたを開けてもらったり。

「ごめんなさい。ちょっと○○してもらってもいいですか?」

など、自分でできることも彼氏に甘える感じでお願いしてしまうのです。お客様も彼氏気分で喜んでやってくれるはずです。

「別れが寂しい」「また会いたい」を伝える

サービス終了時間が迫ってきたら寂しそうな素振りを見せ、名刺やメッセージカードには「また会いたいな」と気持ちを伝えます。別れ際にお客様の手をギュッと握っ余韻を残すのも効果的。別れを惜しむあなたに、お客様もグッとくるはずです。

5 「さしすせそ」を会話の基本にする

あなたが口下手だったり、あるいはお客様が口下手で会話が続かない。沈黙はムードを盛り下げてしまいますよね。

またお客様よりしゃべり過ぎて、その場をリードしてしまうのも問題。あくまでも主役はお客様です。相槌をうつのも、会話のきっかけをつかむにも、この「さしすせそ」を基本にしてみてください。

「さ」・・・さすがですね!
「し」・・・知らなかった!
「す」・・・すごい!
「せ」・・・センスがいいですね!
「そ」・・・そうなんですか!

ポイントを押さえて「本指名」のとれるキャストになろう!

いかがでしたか?

「えっ、こんなことで本指名がとれるの?!」って思った方も多いのでは?そうです、どれもすべて、ほんの少しの気遣いや演出でできることばかり。というか、究極のサービス業である風俗のお仕事ではどれも当たり前のことなんですね。

早速今日から取り入れて、接客の質をアップ!本指名率もアップを目指してください。「はじ風」では働きやすい、稼ぎやすい風俗求人を豊富にご紹介しています。初めての方も、レベルアップしたい方もお仕事探しは「はじ風」から!

気軽にのぞいてみてください(^_-)-☆

「はじ風」で求人をチェックしてみる♪

The following two tabs change content below.
sambo

sambo

スポーツに汗し、原稿書きに冷や汗する体育会系ライター。 健康のため!?いいえ、すべてはこの世のお酒をおいしく飲むため!!