新人さんなら通る道!?風俗キャストの失敗あるある&対策法

初めての風俗バイトで、私にできるかな?失敗したらどうしよう…そんな不安だらけのみなさん必見!大丈夫です。ベテラン風俗キャストの女性たちも、あんな失敗、こんな失敗を経験しながら成長してきたのです。今回は新人キャストさんに起こりがちな失敗あるあるの例とその対処法もバッチリご紹介。イザという時、絶対お役立ちですよ!

この記事に関連した求人

風俗の新人キャスト失敗談!

風俗キャストとしてがんばろう!じゃんじゃん稼ごう!そう決意して風俗バイトを始めたばかりのみなさん!初心者としていろんな不安がいっぱいかも知れませんね。でも、今ではベテランキャストのお姉様達だって、新米の時期はあったのです。失敗しちゃった~~なんて経験もいろいろあるのです。それをうまく対処したり、たくましく乗り越えたりしてこそ、人気キャスト、稼げるキャストになれるというもの。ってことで、今回は新米キャストがやっちゃいがちな失敗あるあるをご紹介。もちろんそれぞれの対処法もバッチリ伝授いたします。ぜひ参考にしてください♪

失敗あるある その1~お仕事道具を持ってきていない~

お仕事の必需品、持って来るのを忘れちゃった!

これは、デリヘルをはじめ、手コキやマッサージなどの派遣型風俗バイトによ~くあるパターン。

例えばデリヘルなら、「グリンス(消毒用石鹸水)」「ローション」「イソジン」は、必須アイテム。これは自分の体を守るためにも欠かせない衛生用品なので、絶対に忘れないように。またアロマエステの場合は「オイル」「香料」「タオル」なども加わり、忘れ物をしやすくなってしまいます。さらにオプションプレイでさまざまなプレイ道具を持参しないといけないことも。忘れるとせっかくのオプション料金が稼げなくなってしまうだけでなく、クレームの原因にもなりかねません。

<対処法>
忘れ物をしないためには、当たり前過ぎますが、事前の点検しかありません。
お店によっては必需品をまるごとセットした「お仕事用バッグ」を貸し出すシステムのところもありますが、それでも念には念を入れてお客様を訪問する前には必要なものが全部揃っているか必ずチェックしましょう。自分でお仕事バッグを用意する場合は、バッグをコロコロ変えないこと。中身を移し替える時に入れ忘れが発生する可能性大です。お仕事専用バッグを決めて、必需品はいつもその中にスタンバイさせておきましょう。もちろん、この場合もお客様の元へ向かう前には本当に忘れ物はないかしっかりチェックをお忘れなく。

要注意!忘れないで、携帯電話はキャストの命

お仕事道具として重要なものが、もうひとつ。

それは携帯電話
デリヘルなど派遣型の場合は、お客様のお部屋に入った時にキャストが携帯電話でお店に「インコール」を入れ、サービスが終わると「アウトコール」入れるのが鉄則です。その他にもしもお客様とトラブルがあったり、お客様の都合で予定より早くお部屋を出なければいけないなど、急用でお店やドライバーに電話を入れる必要があることも考えられます。風俗キャストにとって携帯電話は何よりも大切なアイテム。忘れていないか常にバッグの中を確認するクセをつけましょう。送迎車で移動の場合は、車内に携帯電話を置き忘れる失敗もよくあります。車を降りる際にはしっかりと確認を!

万が一携帯電話を忘れた時は、お客様の電話をお借りしてお店に連絡を入れることはできます。その際は、焦らず丁寧にお客様にお願いしてみましょう。

失敗あるある その2~持ってはきたけど、足りない!~

忘れ物ナシ!完璧!のつもりが、イソジンがもう1人分しか残ってない!とか、プレイの途中でローションが足りない!出張エステでオイルが足りない!など。これも1人の接客でそれぞれどれくらい使うのか、まだ予測できない新米さんによくあることです。こんな時に限って、ローションプレイが好きなお客様だったりするんですよね…。

<対処法>
キャストの皆さんは、液体アイテムは100円ショップなどの小さなボトルに入れて持ち歩くことが多いと思いますが、予約が続いていると補充する時間がない時もあります。

まずは「待機中にボトル満タン補充」を習慣づけるようにしましょう。さらに新米さんは予備のボトルをもう1本ずつ用意しておくのをオススメ。多少荷物が多くなっても、足りないかも……と心配しながらお仕事するよりはずっといいですよね。備えあれば憂いなし!なのです。

失敗あるある その3~フィニッシュさせられなかった~

60分以下のショートコースには、特にあるあるパターンです。ベテランキャストでも短い時間の中でお客様をフィニッシュまで持っていくのは難しいもの。新人さんとなればなおさらです。

また、お客様がイケなかった理由は遅漏だったり、早くイキそうになって我慢したからだったり、飲んだ後でなかなか勃起しないなど、女の子側のテクニックや時間配分の問題だけではない場合もあります。フィニッシュさせられなかったから失敗というわけではないので落ち込まないようにしましょう。

<対処法>
お客様がフィニッシュしないからとキャストが焦った素振りを見せたり、ふてくされたり、くら~い表情になってはいけません。とにかく笑顔で一生懸命サービスして、終了時間になってしまったら、「今度は頑張りますね」と素直に可愛く対応しましょう。そんな女の子の姿を見て、怒るお客様はいないはずです。好印象を与えて、次の指名に繋げることが大切なポイントです。また時間が足りないと感じたら、さりげなく延長を促してみるのオススメです。

失敗あるある その4~時間配分を間違えた!~

まだプレイの途中なのに、終わりのシャワータイムを知らせるタイマーが鳴ってる。

時間内に終わらねばと、焦ってプレイをこなしたら、まだ10分以上余ってる。などなど、時間配分って難しい。風俗のお仕事をし始めた頃は誰にでもよくある失敗です。特にシャワーやおしゃべりの時間が長過ぎて基本サービスのプレイ時間が減ってしまったり、設定時間より早くサービスを終えてしまったりするとクレームになりやすいので要注意です。

<対処法>
たくさんの種類のプレイをする場合は、タイマーを上手に活用して、ひとつのプレイに時間をかけ過ぎないようにするのがポイント。また、日頃からプレイの流れやそれに対する時間配分を自分でシュミレーションしておくと、実際の接客時にも自然に上手に時間配分ができるようになります。

経験あるある失敗談!笑顔で乗り切る、できるキャストに!

いろんな失敗をバネに、いろんな女の子達ができるキャスト、稼げるキャストとして風俗業界で活躍しています。

「はじ風」は初めて風俗のお仕事をしてみようかなという女の子の応援サイト。初心者でも働きやすいお仕事やお店をたくさんご紹介しています。気軽にチェックしてみてください!あなたにぴったりの風俗バイトがきっと見つかります(^ ^)

高収入バイトは「はじ風」で!

The following two tabs change content below.
sambo

sambo

スポーツに汗し、原稿書きに冷や汗する体育会系ライター。 健康のため!?いいえ、すべてはこの世のお酒をおいしく飲むため!!