言葉責め

男性を骨抜きに!風俗で使える言葉責めテクニック

男性の性癖にはさまざまなタイプがありますが、M寄りの男性は意外と多くいます。こんな男性には言葉責めが効果的です。風俗店で働く際に覚えておきたい言葉責めのテクニックをご紹介しましょう。より人気の高いキャストを目指すためにも覚えておくことをオススメします。

この記事に関連した求人

言葉責めはお客様を興奮させるのに効果的

言葉責めというと、卑猥な言葉や命令口調で相手を辱めるイメージがあるせいで、自分がテクニックとして使うとなるとハードルが高く、苦手に感じる女性も多いものです。
しかし、きつい言葉を投げかけるだけが言葉責めではありません。大きく分けて「自分で言う」タイプと「相手に言わせる」タイプの2種類がありますが、どちらにしても相手に恥ずかしい思いをさせることがポイント。
言葉責めをすると相手の興奮度が上がるので、積極的に取り入れたいテクニックです。

本指名も狙える!?簡単言葉責めテクニック

どのような言葉責めが喜ばれるのでしょうか。具体的なテクニックを見ていきましょう。

1. 実況中継をする

性的な快感に対して、体は自分の意志に関係なく反応します。人は、図星を指摘されるとうろたえるものなので、興奮で反応している状態を実況中継してあげるとお客様は恥ずかしさを覚えます。見たままのことを言うだけなので、言葉責め初心者でも取り入れやすいテクニックです。
「こんなに大きくなってるよ」「ビクビクしてるね」など、相手が恥ずかしがるように実況中継してあげましょう。

2. 禁止・命令

お客様が気持ちよくなってきても、女の子に触ろうとしてきても「まだだめだよ?」と禁止したり、「気持ちいいって言わないと止めちゃうよ?」などの命令系も効果的です。欲しいものが与えられない我慢や禁止系はSMプレイの基本ですから、積極的に取り入れましょう。

3. 相手にお願いさせる

「何してほしいのか言ってみて」「どうしてほしいの?」など、相手にはっきりしてほしいことを口にさせるとお客様の興奮をあおることができます。性的に気持ちいいこと、ポイントを口に出すのはとても恥ずかしいものですから、小声になることもあります。よく聞き取れなかったら「よく聞こえなかったから、もう一度言って?」と、聞いてあげましょう。お客様の恥ずかしさが倍増します。

言葉責めは相手の様子を見ながら

言葉責めを行う時は、相手の表情や体の反応を見ながら行うのが基本です。S気質の男性には言葉責めは逆効果になりかねませんし、言葉責めが効いたとしても、責めのポイントがずれていると雰囲気が盛り上がらない可能性もあります。
また言葉責めは続けて言うことも重要。言葉のない時間が生まれると、お客様がトーンダウンしてしまうかもしれないからです。

言葉責めのポイントは、お客様の反応をしっかり観察して行うことです。言葉責めというとハードルを高く感じてしまいますが、相手が恥ずかしがることを言うだけである程度の効果がありますので、あまり気負う必要はありません。言葉責めでお客様の興奮をあおれば、満足度もアップにもつながります。

【はじめての風俗アルバイト】(はじ風)では、言葉責めも大切!…な、SMクラブの女王様の求人も多数掲載しています!是非そちらも合わせてご覧ください。

全国のSM求人を見る

 

The following two tabs change content below.
Lightning

Lightning

美容・ファッション・恋愛テクニック系の情報収集が好きなので、記事もオシャレを目指したい!風俗で働く女の子をみんな可愛く♡センスアップのために今日もあちこちにアンテナ張って頑張ります!