風俗キャスト必見!3つの【パイズリテクニック】

パイズリは男性が喜ぶサービスの一つなので、風俗店で働くならテクニックを覚えておきたいものです。パイズリの主なテクニックを3つご紹介し、小さめバストでもできるサイズに関係ないパイズリ方法について解説していきます。

男性が喜ぶプレイの一つに「パイズリ」があります。業界未経験の人には意外かもしれませんが、パイズリにはいくつものバリエーションがあるのです。大きなバストが必要というイメージですが、小さめバストでもパイズリは可能です。今回は風俗に欠かせない、パイズリのテクニックについてチェックしましょう。

風俗の基本テクニック!パイズリの体位と目的

男性にとって女性の胸はもっとも興奮するポイントなので、胸を使ったパイズリは憧れのテクニックといっても過言ではありません。パイズリは興奮を誘うのがメインで射精は目的としていませんから、相手が興奮してくれればそれでOKです。

パイズリの体位は、女性が寝て男性に馬乗りになってもらうタイプ、男性に立ってもらい女性が膝立ちをして行うタイプ、寝ている男性の上から女性が覆いかぶさるようにして行うタイプなどがあります。

1. 基本は挟んで動かす

どんな体位でも、パイズリの基本は男性のペニスを胸に挟んで動かすことです。ペニスで感じる刺激よりも「女の子のおっぱいに挟まれている」という視覚的な興奮を誘うことが目的なので、キャストは気持ちよさそうな顔を見せてあげるのも効果的です。

動かし方は左右同時に上下に動かす、左右別々に動かすなどがあります。ただ動かすだけでは動きが単調になるので「少しゆっくりめ」「少し早め」など動きに緩急つけること、手だけで動かすバージョンと体全体を弾ませるようにして動かすなど、さまざまなテクニックを組み合わせると男性の興奮度がアップします。

2. 挟んでぱふぱふする

ペニスを挟んで上下に動かすだけではなく、挟んでパフパフしてあげるのも興奮度アップに効果的です。胸のやわらかさが堪能できますが、弾力がある胸のほうが刺激が強まるので、柔らかめのバストなら手で挟んでペニスが弾力を感じるようにしてあげるのがポイント。
これもただパフパフするだけでは単調になるので、挟んでリズミカルにパフパフしたり、ゆっくり挟みこんだり、動きに緩急をつけましょう。

3. パイズリとフェラを組み合わせる

パイズリとフェラとの組み合わせは鉄板テクニックです。竿の部分を挟んで亀頭部分を口で刺激してあげます。たっぷり唾液を垂らしてすべりを良くするのがポイント。パイズリ中は、男性の目をとろんとした目つきで見てあげると効果的です。

「はじ風ちゃん」のフェラのやり方もチェック!

大きめバストは前後にパイズリ

パイズリを行うならFカップ程度は必要ですが、大きめのバストを持っている女性なら「挟んでパイズリ」ではなく「正面から胸の谷間に差し込むようなパイズリ」も可能です。女性は胸を固定し、男性が正面からピストン運動を行うというもので、一般的なパイズリよりも挿入している感覚に近くなるテクニックです。

小さめバストは乳首マッサージ

パイズリを行うためにはペニスを挟めるだけのバストサイズが必要になりますが、そんなに無いという人でもできるパイズリテクニックが「ペニスで乳首マッサージ」です。もちろんサイズが大きい人でも行えます。
女性の乳首に男性のペニスをくるくると当てたり、ツンツンしたり、ペニスを刺激するようにこすってあげたりするのです。
また、小さめバストの人は胸板にも脂肪がついていないので、胸の間に挟んで胸板でこすりあげるというテクニックも効果的です。

パイズリは男性の夢のようなものですから、してもらうことに興奮を覚えます。
パイズリを行うにはサイズが足りないという女性でも、挟む以外のテクニックを使ってパイズリを積極的に取り入れましょう。

The following two tabs change content below.
Lightning

Lightning

美容・ファッション・恋愛テクニック系の情報収集が好きなので、記事もオシャレを目指したい!風俗で働く女の子をみんな可愛く♡センスアップのために今日もあちこちにアンテナ張って頑張ります!