楽に高収入を稼げる『いちゃキャバ』ってどんな職業?

キャバクラよりもトークスキルや容姿レベルがいらず、セクキャバよりもソフトなサービスでよくて、ヘルス並みに高収入を稼げる接客の仕事が『いちゃキャバ』なんです。

この記事に関連した求人

いちゃキャバ、キャバクラ、セクキャバ、ヘルスの給料比較

先に言わせていただきます。

キャバクラよりもトークスキルや容姿がいらず、おっパブ(セクキャバ)よりも過激なサービスをしなくていいのに、ヘルス並みの高収入を稼げる職業があるんです!

それは『いちゃキャバ』という仕事!!

簡単に言えば、

負担が少ないのに高収入を得られる仕事なんです!!

風俗の女性求人を掲載している「はじ風編集部」がこの『いちゃキャバ』がどんな仕事なのか解説していきます。

業種別の給料比較

都内で働いた場合の平均給料を業種別に比較してみました。

キャバクラ時給:2~3,000円時給保証 ※客につかなくても給料が出る
セクキャバ時給:3~5,000円時給保証 ※おっパブも同じ
ヘルス日給:2~30,000円時給制ではなく、接客本数で給料が決まる
いちゃキャバ時給:3~5,000円時給保証 ※客につかなくても時給が出る

なんと高いお店の場合は、時給:6,000も出るところがあるのだとか!

しかも売上げが上がっていけば、時給も上がっていくシステム(スライド時給制)の店がほとんどなので、仕事に慣れて指名やバックをもらうようになれば自然と時給はアップしていくでしょう。

もちろん指名料や各種バックもインセンティブにプラスされていくので、頑張れば頑張った分だけ給料は多くなります

ヘルス並みに稼げる」というのはここにヒントがあります。

ヘルスはお客さんについたときだけ給料が発生します。その上で指名をもらったり、オプションがつくことで高収入が見込めます。

ですが、お客さんがつかなければ必然的に給料は出ないということです。つまり、その日1日出勤したとしても給料が0円になる可能性があります。

一方、いちゃキャバは時給制なので、お客さんの接客をしなくても給料が発生します。

仮に7時間出勤しただけでも、ヘルスの平均日給の2万円は確実に稼げるということになります。

この差は大きいと思いませんか?

では、これだけの高収入を稼げる『いちゃキャバ』って
一体どんなことをするお仕事なのでしょうか。

いちゃキャバってどんな仕事?

キャバクラ?セクキャバ?おっパブ?

実際『いちゃキャバ』と聞いてどんなことをする仕事だと思いますか?

ファッションヘルスのようなプレイ内容とはいかないまでも、「お客さんにキスやおっぱいのお触りをする」セクキャバと似た感じのプレイを想像したのではないですか?

キャバクラみたいな感じなのか、それともセクキャバ(おっパブ)みたいなことをするのか。

業種別にどんなサービスをするのか簡単にまとめてみました。

キャバクラお喋りをして楽しませる
セクキャバ(おっパブ)キスや生タッチのサービスをして楽しませる(陰部はナシ)
いちゃキャバ密着して手を繋いだり、服の上からのお触りのみで楽しませる

基本的にはソファ席で“お客さんの隣に座ってお酒を飲みながら”という部分は全部一緒です。

よくセクキャバ(おっパブ)と混合されがちですが

セクキャバは、キスやおっぱいの生タッチがOK
いちゃキャバは、キスやおっぱいの生タッチがNG!ただし、服の上からのタッチはOK
(フレンチキス程度がアリなとこもあります)

キャバクラ以上セクキャバ以下」に位置しているのが『いちゃキャバ』だと思ってもらえればいいですね。

未経験の人がよく不安に思うこと

「過激なサービスをさせられる!」

やっぱり怖いのは客に「過激なサービスを要求されないか?」ということですよね。

大丈夫です!
要求されません

中にはセクキャバ感覚で来るお客さんもいますが、
基本的にはボーイが事前に禁止行為を説明しているので、まず要求してくることはありません。

ですが時に、「キスしていい?」「(店員に)バレないから触ってもいいでしょ?」と腑抜けたことを抜かしてくる客もいますが、そういう時は近くにボーイがいるはずなので、呼べばすぐに駆け付けてくれます

お店はあくまで女の子の味方です。

お店側がそういう過激なサービスを強要することもないので、そこは心配いりません!

「キモイ客といちゃいちゃするとか無理なんだけど!」

「キモイ客の接客はしたくない…」といって敬遠したい気持ちもわかりますが、女性を売る接客業においてこういう客はどうしても現れちゃいます

普通の接客業でいうところの「めんどくせー客に当たっちまった」レベルと同じです。

なので、それはもうしょうがないものとして流しましょう。

もし、あまりにもキツい客に当たってしまっても、ボーイにこっそり相談すればお客さんをちゃんと対処してくれるので、特に働く前から構える必要もないです。

「面接で言ってたことと違うじゃん!」

悪質なお店に入店してしまった場合によくあることが、「面接では『いちゃキャバ』で話が進んでいたのに、働いてみたらセクキャバだった!」みたいなパターンです。

または、「面接で言われていた給料より低い給料を支払われ、蓋を開けてみたら昇給すればその給料になる」という明らさまのパターンも無きにしも非ず。

どっちにしろそういう信頼に欠ける店は、他にも劣悪な行為をしている可能性が高いので、(ろくに休憩を取らせない、キャストの管理が雑…など)そんな気配がしたらすぐに辞めてください。

貴重なあなたの時間とお金が無駄になってしまいます。

なので、そうならないように求人お店のHPを見て、どんな仕事内容なのかを見てから応募するようにしましょう。

と言っても嘘をつくお店の方がレアなケースです。
嘘をつくようなお店は長くは持ちませんので、すぐに潰れるか集客力は極少です。
大々的に看板を掲げて営業しているようなお店は問題ないと考えてOKです。

『いちゃキャバ』メリットとデメリット

メリット

一番大きいのが、「時間」と「お金」に余裕ができるということですね。

月に15万円稼ぎたい場合であれば、1日5時間勤務をたった10日間やるだけで達成できちゃうんです。
(時給:3,000円×5時間×10日=15万円)

残りの20日間は遊んだり、もっと別のことをする時間に使えるということです…

もっと稼ぎたかったら

勤務時間を5時間→7時間にしたり
出勤日数を10日間→15日にすれば

さらに高収入になりますよね!(これに指名料や各種バックが追加されればもっと面白いことに…

また、その日のうちに給料が手に入るというのも大きなメリットとしてあります。

基本的には日払い制なので、稼いだ給料は現金で貰えます。
つまりお金が欲しいと思ったときに働けて、その日のうちに現金が手に入ることができるのです。
働く上で何のスキルもいらないのに。です。

メリットはこれだけじゃありません。

会話が苦手だって人にとっては、「会話の練習」になります。

キャバクラのようにトークがメインのコンセプトではないので、喋る練習をするにはベストな環境と言えます。
もし、会話が続かなくなったらイチャイチャしてごまかしちゃえばいいんです。

お客様も特にトークに期待しているわけではないので、全く問題はありません。

しかも同時に、「男性の心を掴む」練習になるので一石二鳥。

『いちゃキャバ』は男性からタッチするのも女性からタッチするのもOKなのが基本的なので、

「どういう風にすれば喜ぶのか」、「どんな責め方をすれば手玉に取れるのか」など、男性を攻略する経験値を積むことができます。

さらに業界特有の「可愛い衣装が着られる」というメリットもあります。

勤務するときは私服で接客はせず、衣装を着用するのが基本ルールです。

ドレスや制服が主流ですが、お店によってはナース、婦警、スク水など色々です。中にはブルマが衣装のお店もあったりします。

オプション(追加料金)で衣装替えができるシステムのお店もあるので、そこのバック料を狙っていくのもアリです。
普段着ないような華やかな衣装を着て、フロア中から羨望の眼差しを集めちゃいましょう!

お酒が飲めなくてもOK

セクキャバも同様ですが、いちゃキャバはお酒が飲めなくても大丈夫なんです!
お客さんもそれを了承して楽しんでいるので、無理に「飲まなきゃいけない」などと思う必要はありません。

ソフトドリンクがあるので、そちらの方でドリンクバックを狙っていきましょう!

 

などなど…『いちゃキャバ』には様々なメリットがあります。
短時間で少ない負担で高収入を稼げる上に、自分のトークスキルや男性経験、普段では体験できない経験を得られるなんて、こんなおトクな職業は他にないです!

デメリット

デメリットと言っても、この仕事の悪いところではなく

この仕事をしなかった場合の、あなたに発生するデメリットです!

もしも「お金がほしい」と思っていて、「けどそんなにハードなことはしたくない」とも思っているとします。
その条件を満たす仕事をたまたま見つけましたが、「なんとなく不安だからやらない」と何も行動しなかったとしましょう。

それは、結局損をしているのと同じことです!

「行動してないんだから増えもせず、減りもしなじゃん」と思っていたら、それは大間違いです。むしろ減っています。

高収入を稼げるのは「若さ」と「時間」がある『』だけなのに、そのチャンスをみすみす見逃しているからです。

増えるはずの数字がなくなるということは、増えた分の数字を自分で捨てているということとも言えます。

また、齢を取ってから始めようと思っても体力仕事なので、かなりキツイです。
さらに男性は元より、若い人を好む傾向があるので思い通りに高収入を稼ぐのは難しくなってくるでしょう。

向いている人/向いていない人の特徴

向いている人の特徴

『いちゃキャバ』に向いている人の特徴というのがあります。

ズバリ言うと、「トークで楽しく会話するor長時間の会話」が苦手で、セクキャバのような「キスや生タッチ」のエッチっぽい接客が苦手、だけど

ちょっと喋って(手を繋いだり、密着して)いちゃいちゃする程度ならできる!という方が向いています!

もし、それを楽しんで接客できたら、向いているどころかドンドン稼ぐことができますね。

不特定多数の男性に笑顔で接客できるのは能力が高いということです。

向いてない人の特徴

逆に向いてない人の特徴で挙げられるのが、

人(客)を選んで接客をする人
流れ作業のような感覚で高収入を稼ごうと考えている人

いかに楽して高収入を稼げるのかが前提ですが、仕事の意識まで楽してしまうのは違いますので、そういう考えで仕事をしようといている人には向いてないですね。

むしろ強引にその意識で働いても、あまり稼げずに終わるだけです。

自分に合ったお店を探すには…

エリアによって客層が変わる

不特定多数の男性を相手にするといっても、客層の偏りはあります。

できれば、自分が接客しやすいタイプの男性を相手にしたいですよね。
「働いてみないとどんな人が来るかわからなくね?」と思われますが、実はある程度は予想がつくんです。

それは、その街にいそうな人が来店してくるとイメージすればいいのです。

○オフィス街やビジネスマンが多いようなエリアはサラリーマンなどの4,50代が多く、割と紳士的な人が多い。
○遊ぶスポットや学校が近くにあるようなエリアだと若者の利用が増える。
○アキバであれば、所謂オタク(女性に免疫がなく、対人術が低く、お金をたくさん使うような人種)と呼ばれる人向けの店が多い。
○規模が大きい駅の街であれば、年代バラバラで新規利用のお客さんが目立つ。

客層=その街にいる人々」と思えばまず間違いありません。

働いているときの自分を想像して、それに合ったエリアを選びましょう。

理想のお店を見つけるコツ

場所によって給料が変わってくるし、客層も変わってきます。

自分が働くときに「ここだ!」って思えるような店を見つけたいものですよね。
しかし、店の数はめっちゃ多い…。

そんな中で自分に合った店を見つけるためのコツがあります。

※他のブログではここまでピンポイントに紹介はしてないです。

 

それは「体験入店」をすることです!

 

この業界は「体験入店」できるシステムがマストとなっているので、どんな感じなのかお試しでやってみるのが一番良い方法です。

求人やお店のHPや面接でお店のことを知っても、実際に働いてみないことには本当に自分に合っているかなんてわかりません。
自分が体験してこそ判断ができるわけです。

見るポイント

お店の雰囲気
客層
スタッフの対応力
女の子の質(見た目ではなく仕事意識)

これらを見ていけば、自ずと自分が働きたいと思えるお店が見つかるはずです。

 

中には「見学」だけできるところもあるので、それだけでも充分参考にできます。

体験入店といってもその日働いた給料は正規(入店したときと同じ額)の額で支払われます

勤務時間も「時間」ではなく「1人」だけ接客することができます。
嫌だと思えばすぐに辞めてさっさと次のところを探した方が効率的です。

あとは自分がどういうところを重視しているのか(アリバイ対策があるのか、交通費が出るのか、など)を意識して理想のお店を見つけていきましょう。

『はじ風』でお店を見つけよう

ここまで読んでみて『いちゃキャバ』という仕事が大体わかってきたんじゃないでしょうか。

ちょっと興味出てきたでしょ?

では、今までのことをまとめてみましょう。

○いちゃキャバとは、キス・生タッチなしでお客さんとイチャイチャするだけの接客業
○時給は3~5,000くらい。これに各種バックが追加される。
○仕事やお店に対する不安な点は、大概心配しなくていい
○いちゃキャバの仕事はメリットだらけ
○お金が欲しいのに、いちゃキャバで働かないのは「損」をしている
○向いている人の特徴は、「会話はあんまりしたくないし、エッチっぽいサービスもしたくないけど、少し喋ってイチャイチャすることはできる」という人
○客層=そのエリアにいる人のイメージ
○理想のお店を見つけるコツは「体験入店」をすること

といった感じです。

お店をいざ探そうと思っても求人サイトはたくさんあるし、どうやって探せばいいかわからない!
っていう方にオススメなのが『はじめての風俗アルバイト(はじ風)』です。

『はじ風』は未経験の方でも安心して働けるお店ばかり載っていますし、いい加減な店舗運営(キャスト管理含め)をしているお店は一切ありません。

検索エリアも東京から大阪、東北、九州など全国にある様々な業種のお店が掲載されているので、より取り見取りです。

応募方法もメールや電話以外にもLINEや応募フォームが使えるので気軽にご応募してください。
応募じゃなくても、気になるところだけ聞きたいのであれば、匿名で問い合わせることもできます

是非一度チェックしてみてください。
※セクキャバも混ざっています

東京の『いちゃキャバ』求人
大阪の『いちゃキャバ』求人
『はじ風』サイトTOP

 

The following two tabs change content below.
はじ風編集部

はじ風編集部

はじ風編集部は『はじめての風俗アルバイト』に掲載中のおすすめ店舗のご紹介や、業種解説、女性向けコラムなどなど内容盛りだくさんのブログを随時更新しています♪気になるお店の求人ページと合わせてご覧ください(^^)風俗求人をお探しならぜひ【はじ風】で!