風俗やナイトワークの女の子の住宅事情!賃貸・お部屋探しはどうしてる?

風俗やナイトワークの女の子の住宅事情!賃貸・お部屋探しはどうしてる?

入居審査や初期費用…キャバ嬢(水商売)や風俗で働く女の子はお部屋探しをどうしてる?ナイトワーク向け賃貸情報サイト「きゃばちん」を運営する、新宿歌舞伎町の不動産屋さん『KURESTA(クレスタ)』でお話を聞いてきました!「マツコ会議」などTVにも出て話題の人気サロンです。人気エリアや賃貸条件、保証人不要、敷金礼金ゼロ(ゼロゼロ物件)などについても詳しく解説してもらっています!お家探しをしている子必見!

この記事に関連した求人

ナイトワークでも相談しやすい!お部屋探しサロン『クレスタ』

新宿・歌舞伎町の不動産屋さん

歌舞伎町にある不動産屋さん『KURESTA(クレスタ)』が、特別企画として取材に応えてくれました!『クレスタ』は「キャバ嬢のための賃貸情報・ナイトワークのお部屋探し」を応援しているお部屋探しサロンです。

風俗のお仕事をしていると「引っ越すときに職業がバレない?」とか「貸してもらえる物件があるの?」とか「保証人を親に頼れない」などいろいろな悩みが出てくると思います。一般職とかけもちしている子ならともかく、風俗1本で働いている子は不安も大きいですよね。

結論から言うと風俗(ナイトワーク)でも物件は借りられます!

もちろん不安や悩みはたくさん出てくると思いますが、『クレスタ』は高収入業界の女の子でも安心して相談できる貴重な不動産屋さんです。

↑※画像は公式サイトより。

『クレスタ』公式サイトでは、普通の賃貸情報サイトのように物件検索ができるのはもちろん、お役立ちコラムやお得な物件特集、今週のおすすめ物件なども更新されていて見どころ満載!もちろん直接お店へ伺って相談をすることもできます。

株式会社クレスタ

株式会社クレスタ

所在地〒160-0021
東京都新宿区歌舞伎町1-5-9 新宿ノアビル10F
アクセス『新宿』駅東口 徒歩5分
『新宿』駅B10出口 徒歩3分

場所が歌舞伎町ということで、キャバ嬢や風俗キャストなどナイトワーク系の女の子もお客様でたくさんいらっしゃり、そういった女の子たちに対して様々なケアもされているということです。

内装のコンセプトは「アジアンリゾート」♪きれいでゆったりとしたオシャレな店内で、お部屋探しや相談ができます。普通の不動産屋さんは狭くて無機質な内装が多いですが、こんなふうに落ち着いた雰囲気なら、リラックスしてお話できそうです。

今回インタビューに答えてくださったのは『クレスタ』の女性スタッフ「渡邉ひより」さん!お部屋探し・引っ越しに関するいろんな疑問を聞いてきました。

そもそも…ナイトワークだと審査が通らない?

普通のお仕事をしているならいいけど、風俗1本で働いているとやっぱり物件探しやお引越しは大変?そんな基本の疑問から教えてもらいました。

★一般職の人に比べて、審査が通る物件がたしかに少ない。(入居可能な物件が少ない)
★気に入る物件があればいいけど、そもそもの数が少ない。

やっぱり一般の子より少しハードルが高いみたいです。そのあたりは、女の子達もなんとなく「審査が通らないんじゃないのかな」と思った上で相談に来られるんだとか。

普通の不動産屋さんと同じように相談できます

「審査が通りづらいよ」ということは、相談に来た女性にいきなり説明することはないそうです。初対面でいきなり踏み込んだ話は確かに身構えてしまいますよね。女性達は基本はお部屋探しに来てるので、普通の不動産屋さんと同じように、物件の条件や希望を聞いてくれます。「ご相談に来た女性に失礼がないように」という心遣い!お仕事のことをなるべく話したくない女性でも安心です。

【ひよりさん】- どういった家を探してるのかとか、バストイレ別がいいのかとか、場所はどこなのかとか、家賃はいくらなのかとか…。そういった、他の不動産屋と変わらないようなような質問をしていきます。いろいろ打ち解けてきた段階で、細かいプライベートなことの情報も聞きながら、

「実際こういった不動産・管理業者さんは、審査は通らないよ」
「こういったところは通りやすいよ」
「キャバ嬢はOKだけど、風俗はダメだよ」

とかそういった話をしながら、実際全体どれぐらい借りられる物件があるとか、今提案した中だとこれはいけるけどこれはいけないとか。そういった話を徐々にしていくようなイメージですね。

もちろんこういう会社なので、いきなり向こうからストレートに「私ソープなんですけど、審査どうですかね」とか聞いてくる子もいます。そういう場合はもちろん、最初から審査の話をさせていただくことはあります。

物件探しで女の子が気にしていること

お部屋探しをしている女性が気にしている条件やエリアなどについて聞きました。

ナイトワークあるある

ペット可の物件を探している。なぜかペットを飼っている女の子が多い。

初期費用のお金がない。(風俗のお給料が日払いなので、その都度お金を使っちゃう…。稼いでいるのに貯金がない)

親バレを気にしている。ご両親にナイトワークのことを内緒にしているので、賃貸契約時にバレたりしないか気にしている。

※『クレスタ』はペットOKの物件も取り扱っていますし、こうした相談にもきちんと対応してくれます。

希望のエリア(勤務先による)

歌舞伎町

歌舞伎町で遊んでいる子や、働いている場所が歌舞伎町の子は、「歌舞伎町からタクシー1500円圏内」で探す人が圧倒的に多い!歌舞伎町・池袋など大規模歓楽街で働く子はタクシー圏内希望が多めだそうです。

六本木・銀座

オトナの歓楽街で働くホステスさんは、東横線沿線や港区を希望。住んでる場所もステイタス!「港区女子」が実在するんですね…。

東横線…渋谷、代官山、中目黒、祐天寺、自由が丘などから横浜駅までつながっている路線。東京⇔横浜だから東横線。
港区…芝地区(新橋・虎ノ門・浜松町など)、麻布地区(麻布十番・六本木など)、赤坂地区(赤坂・南青山など)、高輪地区(白金など)、芝浦港南地区(台場など)。

吉原・川崎(ソープ街)

職場に近いところを選ぶ子と、歌舞伎町でよく遊ぶので結局は歌舞伎町界隈で選ぶ子とすごく二極化するそうです。吉原や川崎は宿屋街や住宅街が近いので、職場付近のエリアでも探しやすそうですね。

これから仕事を探すパターン

すでにお仕事をしていて家探しをする子はもちろんいますが、地方からの上京などで「仕事はまだ決まってない、家も決まってない」子も相談に来るそうです。

【ひよりさん】- どういう店がいいかとか、私たちに聞く子もいます。「渋谷で働くか歌舞伎町で働くか迷ってるんですけど、客層ってどんな感じですか?」っていうのを聞かれたこともありますよ。不動産屋さんなのに、求人会社のような質問を受けることもあったりするので…「客層というか、自分に合う合わないもあると思いますので」とお答えはさせていただいたんですけど。
まあ必要であれば、私達も取引先の会社だったりとか、そういったとこもご紹介できたりもします。

寮を探すこともあります

風俗店で働いてる女の子が家探しをする場合、物件は別にそのお店の寮扱いにはなりません。寮がある風俗店やキャバクラは、すでに「寮」として女の子に紹介しています。なので「寮に入るか・自分で探すか」は自分で決められます。

ちなみに『クレスタ』では、お店側から「寮として使える物件を探してほしい」と依頼されることもあるそうです!意外とこういう依頼は多いのだとか。女の子だけでなく、お店側にも需要の高い不動産屋さんなんですね。

人気の間取りは手堅い価格のワンルーム!

『クレスタ』で女の子が探す条件で一番多い間取り…
…家賃10~13万円、1K・ワンルーム

ちょっと稼げるようになると…
…家賃15~20万円、1LDK

最初の契約時に必要なもの

『クレスタ』では審査時・契約時にそれぞれ必要なものがあります。

審査時に必要な物

★身分証:運転免許証、顔写真付き身分証が必要な場合もあるし、保険証だけでもいい場合もある。管理会社やオーナーによってそれぞれだけれど、ともかく身分証と保険証とかが必要になる。

上記プラス、ちょっと厳しいところだったら在籍証明書とか、まだ働いてなければ内定証明書、収入証明が必要になる。
※水商売の場合だと、管理会社さんも必要書類があまり出ないっていうことは分かってたりもするので…一般職だと源泉徴収が必要だけど、水商売の場合だったら給料明細3カ月分とかそういうのでOKもらえるケースが多い。

審査通過後の、契約時に必要な物

住民票や、印鑑証明書が必要になることがある。
※オーナーさんや管理会社によりけりなので、極端に少ない会社だと、最初の免許証のみで全部契約まで大丈夫な場合もある。

風俗の子は「職業」をなんて書いたらいい?

受付だけなら書かなくてもいい

『クレスタ』では申し込み時(受付時)に職業欄は必須ではありません。なので何も書かない人もいれば、堂々と「デリヘル」と書く子もいて人それぞれだとか。無職(お仕事探し中)の人もたくさんいらっしゃるそうです。

ただ、ナイトワークOKの物件に申し込む段階となると、どこで働いているかは必要となります。

店舗名・源氏名・お店の住所・お店の固定電話の連絡先

が必要になるので書きましょう。もともと風俗OKの物件に申し込むわけだから、怖がらなくて大丈夫!

退去の手続きも普通です

退去の時の手続きなども、普通の不動産屋さんと変わりません。職業のことは気にしなくて大丈夫。ただし注意点があるそうです。

【ひよりさん】- いまだに東京都内は、ナイトワークに限らず女性の方だと足元見られて、退去のときに結構請求額が大きかったりして、それに分からずサインしてしまったりというケースはいまだにあるので…。

だからそこはちょっとご注意いただきたいなっていうのはあるので、私達も「退去する際に、心配事があればいつでもご連絡ください」というようなアナウンスはさせていただいてます。

気になる保証人のことについて

保証人がいないからダメということはない

書類や手続き関連でやっぱり気になるのは「保証人」をどうするかですが、今の時代はほとんど「保証人不要」で借りれる物件ばかりなので、昔のように「保証人がいないとダメ」ということはほぼないそうです!なので、そんなに心配しなくて大丈夫。

それならなぜ保証人の有無について聞かれるのかというと、「保証人としてではなく、契約者に親族の協力があるのかどうか」を確認しているそうです。

保証人不要のメリットとは?

「保証人不要」ということは、保証会社が間に立つということです。これにより契約者(女の子)にもメリットがちゃんとあります。

親族を保証人にした場合

1:その保証人の身分証明書や収入証明だったり、契約のときには実印が必要。
2:署名捺印もして、印鑑も押してもらわなきゃいけない。
3:印鑑証明も持って来てもらわなきゃいけない。
4:↑以上を踏まえて頼まなければいけない。
5:そして実際に何か起きたとき、親族の方に本当に請求がいってしまう。

保証会社を立てた場合

上記のような迷惑を親族にかけないで済みます!手続きの面倒も減ります。事情があって親兄弟や親戚と連絡をとっていない女性でも、これなら安心ですよね。
「引っ越し先を親に知られたくない」
「お店(勤務先)が何かしてくれるみたいだけど、いつ辞めるかわからないし借りを作りたくない…」
という人もいると思います。悩んでいる方はぜひ相談してみてください。

なぜ「保証人不要」が普及したのか?

『クレスタ』(不動産屋さん)だからわかる!なぜこんなに「保証人不要」がメジャーになったのか?それは、借りる側だけでなく「物件を貸す側にもメリットがある」からではないかとのこと。

(例)家賃15万円の物件×3カ月滞納してしまった!=合計45万円…
これを保証人の親族がすぐ払えるならいいけど、すんなり払えないケースの方が多い。つまり、保証人をつけてもオーナーさん(物件の貸主)はお金を回収するために手間や時間をすごくかけることになる。

↓でも、保証会社を立てていると…

滞納が起きたら1ヶ月もしないうちに保証会社がまず代わりに支払ってくれる!なのでオーナーさんからすると「滞納された!いろんな手続きや連絡をしたのにまだ入ってこない…」と悩む期間がなくなります。
※滞納していた分は、保証会社から借り主に請求がいきます。

つまり「保証人不要(保証会社を立てる)」の仕組みは、オーナーからすると「保証会社をつけていたほうが滞納リスクがなくて安心」。借り主側からしても「親族に頼む手間が省け、迷惑をかけないで済む」というメリットがあるんですね。

保証人のあるなしで賃貸条件が変わる?

保証会社が間に入ることで、家賃や初期条件がちょっぴり変わるとのこと。もちろんいろんな保証会社があるので「全部コレ!」ということはないそうですが、どんな変化があるのかお聞きしました。

保証会社の費用:「月額家賃+管理費 の30%~1カ月分」が初期費用でかかる。
※トータル10万円の家賃なら、3万~10万円の初期費用。

保証会社を使うからといって家賃が上がることはない!
けど…まれにカードの引き落とし手数料として数百円~1,000円ぐらい、保証費用の代わりにお金が取られることもある。でも極端に上がるようなことはない。

「ゼロゼロ物件」て何?

敷金0・礼金0!本当にあるの?

物件探しをしていると、時々すごく安い値段や条件のお家を見かけませんか?いわゆる「ゼロゼロ物件」で、敷金礼金0円の初期費用が安い物件です。でも、そんなすごく安い物件は全体のうち1割あるかないからしく…。なのになぜ賃貸サイトなどでよく見かけるかというと、安い物件は広告になるので不動産屋さんもたくさんあるようにアピール(見せ方を工夫)しているんだそうです。

なので「最初の家賃さえあれば引っ越せるのか~♪」と勘違いする方が多いけど、実際そんな物件はほとんどないので注意!とのこと。

安い理由は3つある

ほとんどないけど、全くないわけではない…。そんな「ゼロゼロ物件」や「激安物件」がなぜ安いか、大まかなに分けて3つの理由があるそうです。

理由1:事故物件

皆様お察しの事故物件・ワケあり物件。
「日当たりが悪い…」
「窓を開けたら高速道路が目の前…」
「人が亡くなった…」
というようなワケがあり、極端に安くして入居者を募っている物件です。

理由2:キャンペーン中

新築なのでキャンペーン中で安い!というケース。
たとえばマンションで10部屋20部屋が半年以上空いてしまうよりは、オーナーさんがある程度予算を組み「1日でも早く埋めたい!」という思いでキャンペーンをやることがあります。

理由3:他社との差別化

たとえば「土地の値段・施工費が同じで、スペック・家賃も同じ」な物件が2つ並んでいたとして…。それぞれオーナーさんが違ったとしても、お客様がどちらを選ぶかはもはや運ですよね。条件も家賃も一緒だし…。でもやっぱりビジネスなので、オーナーさんは自分のところに入ってほしいわけです。

そこで片方が「うちは初期費用なしにする!」とアピールしても、片方が「うちはちゃんと取るよ」という設定のままだと、家賃が同じなら初期費用を取らないのは単純に損です。なので…
「うちは初期費用取らない代わりに、家賃は隣より1万円~2万円上げよう」
という流れになったりします。これにすると初期費用こそ「ゼロゼロ物件」ですが、結局家賃が相場より少し高くて、1年2年でそれ分をオーナーが回収する…という物件になるそうです。

【ひよりさん】-「安い物件」というのはこの大体三つのうちのどれか、何かしらの理由があります。そして数も多くなくて、全体の1割ぐらいしかないっていう形です💦

ゼロゼロ物件は他に諸経費が必要?

「敷金礼金ゼロ=何もいらない」というのは勘違い!? どんな費用がかかるのか教えていただきました。

★前家賃…あらかじめ支払っておく、翌月分(もしくは入居月分)の家賃のこと。
例1:3月に契約完了し、4月1日に入居予定=4月分の家賃を払っておく。
例2:3月15日に入居予定=翌月(4月)分の家賃と、3月分の日割りの家賃を払うのが一般的。

★不動産屋さんに対する手数料…依頼をしなきゃ探せないから。

★保証会社の費用ゼロゼロ物件は保証会社必須のことがほとんどなので、その費用。

★その他…家財保険、鍵の交換代、ルームクリーニング代など。

という形でなんだかんだかかるそうです。
例えば「敷金礼金0円!家賃10万円!安い!」というゼロゼロ物件があったとしても、「20万~25万円ぐらいは初期費用として見といたほうが選択肢は広い」とのこと。
※10万円の家賃で初期費用20~25万円=家賃の2~2.5倍

ナイトワークの子は引っ越し回数が多い?

収入UPで家もグレードアップ!

一回経験してしまえば、物件探し・お引越しは怖くない!そしてナイトワークの女の子は、住み始めたとしても長く住むより「収入の変動に応じて引っ越し」が多いそうです。一般職の人に比べたら、その回数は圧倒的に多いとか…。やっぱり稼げるお仕事(高収入)なので、収入が上がるにつれて住む場所も変わるんですね。

1.最初は抑えて10万円ぐらいの家に住む

2.収入が上がり、10万→15万円になり、15万→20万円になり、20万→25万円になり…とどんどんグレードアップ!

【ひよりさん】- 期間も早いです!一般職の方なら家賃10万のとこに住んで10年かけて役職が上がり、20万の家に住めるようになるところを、ナイトワークの場合は2~3ヵ月でいきなり稼げるようになったりするので。早い子だと半年もしないうちにステップアップして、また家を借りる方もいます。

そうやって女の子が成長していく姿を見守ることができるのも、「ほんとに嬉しいこと」なんだそうです🌸

ホストやストーカーがらみで引っ越しも…

業界ならではのエピソード!マイナス面での引っ越し理由もありました。

★お客様に家がバレちゃった
★ストーカーに遭った!
★ハマってるホストと同じ家(マンション)
★売り掛けして逃げてるホストと同じ家(マンション)

皆様、バレ対策とホスト遊びには気を付けて…!

地方・遠方からの上京や男性客について

事前相談も、来店もOK!

『クレスタ』は歌舞伎町のど真ん中にあるので、場所柄ナイトワークのお客様が多いそうです。中には「これから東京へ出ていこう」とか「上京する前に相談だけしたい・物件を探してほしい」という方の依頼もあるのだとか。

【ひよりさん】- 遠方からまだ仕事も家も決まってない状態で来られるお客様もたくさんいらっしゃいます。人によっては、ラインのやり取りである程度物件を固めてからご来店する方もいらっしゃいます。

実際生の声だったり、その場でいろいろ物件を見ながらお話を聞きたいっていう方などは、日にちを空けてもらって、遠方からご来店いただくことも結構ありますよ♪

男性でも来店OK!条件等は同じです

風俗業界で働いているのは女の子だけではありません。店舗スタッフさんやボーイさん、デリヘル送迎ドライバーさんなど、ナイトワークに従事する男性はたくさんいますよね。『クレスタ』は男性からのご相談ももちろん受け付けています!

男性の場合でも必要な手続きや条件などはほぼ同じ。実際に『クレスタ』には、ホストの方や店舗スタッフのお客様も来店されているそうです。

『クレスタ』はこんなお店です!

最後に、ナイトワークの男女の相談に乗って物件を紹介してくれる不動産屋さんとして、『クレスタ』のメリットやアピールポイントを教えていただきました!

メリットたくさん!10年以上の実績あり

★歌舞伎町で10年以上の実績!

『クレスタ』は歌舞伎町で10年以上営業しているのでノウハウがあります。
・他社にはない「審査が通りやすい物件」を熟知している
・『クレスタ』であれば審査を通してくれるオーナーさんがいる
ということで、ナイトワーク歓迎の物件を多数抱えているのが大きなメリットの一つ。

★同じ目線や、悩みを共感できる

『クレスタ』には現役キャバ嬢の営業マンもいます!同じ目線や同じ悩みを抱えた人間がスタッフとしているので、お客様の悩みに共感できます。より近い目線でお部屋探しが可能!
そして、やはり「他社では水商売というだけで上から目線でこられる」という悩みもよく聞くそうで…。

【ひよりさん】-  私達(クレスタ)は皆さんが変にボラれたりとか、不当な扱いを受けてお部屋を探すのではなくて、住むための家を気持ちよく探せるように心掛けております🌺

ここが『クレスタ』が持つ、他社とは違う強みですね!

女の子へ向けてメッセージ

『クレスタ』の理念

『部屋探し以外の部分でも女の子たちの仕事を応援する』

これを一つの理念として運営しているので、『クレスタ』はホームページ上で女の子広告を出していたり、ブログやコラムで取り上げたりもしています。まさに、高収入の業界で働く女の子たちの頼れる存在!

【ひよりさん】-  美容系や整形や、夜の子たちが必要なこと、身の回りのことも含めて、全部適した会社だったりをご紹介できたりとか、アドバイスできたりもします!部屋探しだけじゃないところも、相談していただければいろいろご協力できますので、ぜひどんどん気軽にご相談いただければと思っております

頼もしいメッセージをいただけました!普段なかなか知れないいろんなお話を聞けてとってもためになりました。風俗で働いている女の子や、これから上京や出稼ぎで家を借りたいと思っている方達は、ぜひ新宿歌舞伎町の『クレスタ』に相談してみてください。『クレスタ』/ひよりさん、ご協力ありがとうございました!

会社概要

会社名株式会社クレスタ
所在地〒160-0021
東京都新宿区歌舞伎町1-5-9 新宿ノアビル10F
アクセス『新宿』駅東口 徒歩5分
『新宿』駅B10出口 徒歩3分
連絡先TEL:03-5155-9310
E-mail:info@cabachin.com
LINE@ID:0351559310
お問い合わせ受付時間9:00~24:00
年中無休(年末年始除く)
サイトURLhttp://cabachin.com/

お部屋探しは『クレスタ』で!

クレスタ(きゃばちん)公式

お仕事探しは『はじ風』で♪

求人情報満載!/はじ風

The following two tabs change content below.
水蜜

水蜜

東京在住のライター。ファッション雑貨の卸業やアングライベントスタッフ、アート講師経験などを経て2013年よりライターとして活動。最近の趣味は読書と猫動画を見ること。