風俗の「3P」をOKするとおトク?知っておきたいメリット・デメリット

風俗のオプションプレイにある「3P」はOKした方がいいの? そう迷っている人必見!3P(二輪車)のメリットとデメリット、スムーズに3Pをするために気をつけたいことを徹底解説しちゃいます。OKかNGか決める前に、ぜひ参考にして!

この記事に関連した求人

オプションプレイの「3P」ってやるべき?

最近ではソープやSMクラブだけではなく、デリヘルや箱ヘルのお店にもオプションに「3P」があるお店が増えていますよね。風俗店の3Pとは、お客様の男性1人に対してキャストの女の子2人でプレイすること。(ソープランドでは「二輪車」とも呼びます)
3Pは難しいテクニックが必要なんじゃないの?とか、他の女の子に自分のプレイを見られたくない、トラブルや身バレにつながりそうで不安…などなどの理由でNGにしている風俗キャストも多いようですが、果たしてマイナス面だけでしょうか?!

実はいい面も意外と多いんですよ。そこで今回は3Pのメリットとデメリットをご紹介。さらにトラブルを避けるために気をつけたいこともアドバイス。3PオプションをOKにするか、やっぱりNGか、決める前にぜひ参考にしてください。

3Pのメリット

1人あたりの労力が減って楽ちん♪

攻め好き、マグロ、鈍感、遅漏…などのお客様に当たってしまって、プレイが終わればへとへと。そんな経験はありませんか?3Pのメリットは、何と言ってもキャストの女の子の負担が少ないこと。だって1人のお客様に対して、こっちは女性2人です。体力的に楽なのはもちろん、責任も半分なので精神的な負担も軽くなります。

バック金額はほぼ同じ

労力が半分なら、お給料も半分になっちゃうんじゃないの?
いいえ、そんなことはありません。いつもと同じバック金額、またはそこから1,000円引きくらいの金額に設定しているお店がほとんどです。

指名客が少ない女の子でも稼げる

毎日指名で満杯! そんな人気の嬢ならともかく、出勤しても暇な日や時期ってありますよね。3Pができる女の子は3Pで遊びたいお客様に選ばれやすくなるのは当然またお店側も3P希望のお客様は暇な女の子に優先してまわしてくれます。普段からあまり指名が取れない女の子でも、3Pでフリーのお客様が入ればそこから指名につながる可能性も大。3Pは暇な日や閑散期を乗り切る武器にもなるのです。

特別なテクニックは不要。プレイの勉強にもなる!

3Pだからと言って、特別なテクニックは必要ありません。基本的には通常のプレイを2人でやるだけなので、風俗のお仕事のビギナーさんやプレイに自信のない人などには、むしろ3Pは向いているかも。また、組んだ女の子のプレイのテクニック、お客様との会話などのコツを間近で見られるチャンスです。風俗歴の長い先輩や売れっ子の女の子と3Pを組むことになればラッキー!参考になることがきっといっぱいありますよ。

苦手な客も2人で当たればこわくない!

無理なプレイを強要するお客様、性格的、または生理的にどうしても苦手なお客様など、1人での接客だとテンションはだだ下がり。最悪はトラブルになることも。でも2人ならそんな男性をうまくかわしたり、自分は苦手なお客様も組んだ女の子とは意外と相性がよかったりすることもあります。どんな時も女の子2人で協力&助け合いできるところが3Pの強みです。

3Pのデメリット

一緒に組む女の子と相性が悪い場合もある

3Pでは必ず他の女の子と組むことになります。相手が仲のいいコや感じのいいコなら問題なしですが、もともと仲がよくない女の子と組むことになったり、組んでみたら感じ悪っ!っていうこともないとは言えません。女の子同士がギクシャクした雰囲気になればスムーズな連携プレイができず、ムードは最悪。お客様も楽しめず、クレームの原因になる可能性もあります。

衛生面が心配

3Pは通常のプレイと同様、キスや全身舐め、フェラチオも含まれています。たとえ女の子同士でも、他の女の子が舐めた後を自分が舐めるのってちょっと…。そう思う人はプレイ前に、左右、上半身下半身などに分けて、自分の担当する箇所を決めておくなどが必要です。

人見知りの女の子の場合は辛い

お客様と1対1の接客は仕事と割り切れても、他の女の子に裸や感じている様子を見られるのは嫌!そう思う人に3Pは辛いかも知れません。

指名客の取り合いになる可能性もある

3Pで入ったフリーのお客様が、次は通常コースで自分だけを指名してくれることもあるでしょう。指名が取れるのはうれしいことですが、一緒に組んだ女の子と気まずくなるかもしれません。時にはねたみや逆恨みから嫌がらせされたり、エスカレートすれば身バレにつながる情報を他人に吹き込まれたりする可能性もあります。

トラブルを避けて3Pをスムーズに!気をつけておきたい4つのポイント

3PをOKにして楽に上手に稼ぎたい!そう思う人のために気をつけておきたいポイントをまとめてみました。

①キャスト同士の人間関係をよくしておく

誰にでもこの人とは合う、合わないという気持ちがあるのは仕方ないこと。

でも、3Pをスムーズにするには女の子同士の関係が大きなポイントです。気の合わない女の子と組む可能性も考えて、苦手な女の子にもその感情をあからさまにせず、接することを心がけましょう。誰にでもきちんと感じよく挨拶する、待機所などでも周りに迷惑になることをしたり、不愉快にさせる態度をとらない、悪口は言わないなど、ごく当たり前のことを心がけるだけでいいんです。

②先輩キャストをリスペクトする

もし風俗歴がじぶんより長い女性と組むことになったら「よろしくお願いします」ときちんと挨拶をする。3Pの経験が少なく不安なら「リードしてもらっていいですか?」と素直にお願いする。プレイ後は「ありがとうございました」「私、大丈夫でしたか?」「いろいろ勉強になりました」など、ひと声かけるだけで印象がぐっとよくなります。

③相手のプレイを侵さない

がんばるあまり自分だけお客様に積極的に行きすぎて、相手の女の子の出番を奪ってしまっては反感を持たれることもあります。お客様にはもちろん、ペアの女の子の様子を見ながら合わせるようにプレイすることが大切です。

④3Pを本指名客獲得の手段にしない

女の子2人でプレイする場合、お客様が明らかに片方の女の子を気に入り、次回はその女の子だけを本指名するのはよくあること。プレイ中に自分の方が気に入られているなと思っても、ペアの女性に上から目線の態度を取ったり、お客様を独り占めしないように気をつけて。また逆にお客様が片方の女の子に気がありそうでも、ふてくされたりねたんだりしないこと。3Pを自分の本指名獲得のためだけの手段と考えず、スムーズなチームプレイに集中することが大切です。

やっぱり3Pは無理!そう思ったらNGにして快適に働こう!

メリットもたくさんある3P。まずはトライしてみることをオススメします。でも実際にやってみて、やっぱり無理!と感じることもあるでしょう。また女の子同士のトラブルや、身バレのリスクにつながるのが不安。肉体的には楽に稼げても、精神的にしんどいかも。。最初からそう思う人もいますよね。無理する必要はありません。3PをNGにして、気軽に快適に働きましょう!

「はじ風」では、オプションプレイのOKやNGは女の子が自由に選べて気軽に働ける風俗バイト求人を豊富にご紹介しています。風俗はじめての方でも高収入!のお仕事やお店がきっと見つかりますよ。ぜひ一度チェックしてみてください( ´ ▽ ` )ノ

女性向け高収入求人をチェック!

The following two tabs change content below.
sambo

sambo

スポーツに汗し、原稿書きに冷や汗する体育会系ライター。 健康のため!?いいえ、すべてはこの世のお酒をおいしく飲むため!!