風俗店の「アリバイ対策」って何?どんなことをしてくれるの?バレずに風俗したい人必見!自分でできる対策例もアリ!

この記事に関連した求人

求人でよく書かれている「アリバイ対策あり」

よく目にするものの、風俗初心者の方は聞きなれない言葉だと思います。

 

女の子
そもそもアリバイ対策って何?
女の子
具体的にどんなことをしてくれているの?

 

こんな疑問にお答えするかたちで、この記事ではアリバイ対策について詳しく解説していきます!

お店選びの際に是非参考にしてみてください。

アリバイ対策のある仕事を探す

 

アリバイ対策とは

ドラマでよく刑事さんたちが言う「アリバイ」とは、事件時にその場にいなかった証明のことですが、

風俗業界で言う「アリバイ対策」は、主に「身バレ対策」のことを意味します。

風俗で働いていることを、周りの人には知られたくない!という方は多いと思います。

店員さん
そういった方たちが安心して働けるようお店側が講じた対策がアリバイ対策です

 

アリバイ対策の例

パネル写真&ホームページ写真の加工

お店やホームページにある顔写真を個人が特定できないように加工します。

モザイクをかけたり、顔の一部分のみを載せたりするのが一般的。

お店によっては完全顔出しNGが可能な場合もあります!

いずれにせよ、顔は身バレの危険性が最も高い部位であるため、どのお店も対策を講じています。

 

派遣エリアのNG設定

デリヘルのような派遣型の風俗店の場合、知人がいる地域への派遣は身バレする確率が高まります。

知人のいる地域、普段の生活圏内を派遣NGにすることで、安全にお仕事しやすくなります。

派遣型の場合、風俗を利用している可能性がある知人の電話番号をお店に事前に伝えておくことも可能です。

利用時に偽名を使う人もいるので、電話番号を伝える方がリスク回避できます。

 

店内モニターで事前にお客様を確認

店舗型の時は、着いたお客様が知り合いの可能性もゼロではありません!

そういったお店では、対策として店内のモニターやカメラで、お客様の顔を事前に確認できます。

もしも知り合いだった場合は「あの人には着けないで!」とお願いすれば最悪の身バレを防げます。

モニター確認については、前記事も参考にしてください。

アリバイ会社を用意しているお店も!

お店によっては、アリバイ会社と提携・運営している場合があります。

アリバイ会社がやってくれること

書類の作成

「給与明細」「源泉徴収票」「在籍証明書」「社員証」といった、一般企業でもらえるような書類を発行してもらえます。

これら各種書類があれば、一般企業で働いていることを疑われる可能性はグッと低くなります。

ただし、これらを公的な書類として使用すると文書偽造の罪に問われる可能性があります!

あくまでも身バレ防止目的のみで使用してください。

 

名刺の作成

法人会社の名刺を作成してくれます。

名刺のメールアドレスはアリバイ会社が用意したもの。

実際にメールを送るとアリバイ会社のメールサーバーを通じてキャストさんのもとへ転送されます。

 

電話対応

アリバイ対策専用の電話番号を用意してくれます。

電話をかけると、アリバイ会社のスタッフが対応してくれるので、家族から緊急連絡先教えて!と言われても平常心でいられます。

こちらに関しては、会社に依頼せず、アリバイ用の電話回線を引いているお店もあります。

「専用回線」と求人で表記されていることが多いです。

その場合も、お店としての対応ではなく、法人として応答してくれるので安心。

 

身近なところにも?身バレする原因と対策!

スマホの通知から

スマホにあるお店のスタッフやお客様からの連絡履歴等は見られた瞬間、一発アウトです!!

単純でありながら、一番ありがちな身バレ原因でもあります。

スマホは危険物だとよくよく心得て、置く場所には気を配りましょう。

家の中くらい気をぬきたいという気持ちはよくわかりますが、一瞬の気のゆるみが身バレを引き起こします。

スマホにはきちんとロックをかけ、通知設定もバナー表示をオフにするなどの対策をしましょう。

通知バナーがオンのままだと、ロック画面からも通知が見えてしまいます。

管理に自信のない方は、こっそりスマホ二台持ちも手かもしれません。

 

お金の使い方から

懐が温かくなると、ついついお財布の紐もゆるみますよね。

昼職よりもたくさんのお金が日払いで支払われることの多い業界では、ついつい金銭感覚が狂いがちです。

先輩キャストたちのキラキラした格好に見慣れてしまうと麻痺しがちですが、急に持ち物が変わると周りは疑問に思います。

それまで特にブランドもののバッグやアクセサリーを身に着けていなかった子が、突然それらを幾つも持ち始めたら誰しもが「怪しい…」と思います。

誰も見ていない、と思いがちですが、意外に周囲の人はその人の持ち物を意識せずとも認識しています。

見慣れないものを視界にいれたときに「あれ、そんなの持っていたっけ?」となるものです。

身バレしたくない方は、いきなり持っているものを一新するのはやめる買ったものは少しずつ小出しにする突然高価なものを幾つも身に着けない等、気を付けましょう。

 

生活の変化から

お金は貯蓄に回すから安心♪と思った方~!油断するのはまだ早いですよ!

一人暮らしなら問題ないですが、家族と一緒に暮らしている場合、注意が必要です!

夜の時間帯に働くことで不審がられたり、洗濯物に派手な下着が入っていることでバレるケースがあります。

対策としては、昼間のバイトと同じような時間帯で働く、コロナによる営業自粛や時短期間を抜けていれば居酒屋や深夜も営業しているファミレス等で働いていることにする、時間に融通が利きやすいコールセンタースタッフであることにするなどが挙げられます。

洗濯物に関しては、人目につかないところで自分で洗うこと。

お店のロッカーに保管して、まとめてコインランドリーで洗濯するという「絶対に家に持ち帰らない」方もいます!

 

写メ日記から

身バレを防ぎたいなら、写メ日記にも注意が必要です。

写メ日記は新規のお客様から常連のお客様まで「この子に会ってみたいな」というきっかけを作る大事な営業ツール。

だからといってあまりプライベートなことを書きすぎてしまうと特定に繋がるので注意が必要です。

家の様子、顔出しや所持品の映り込み、家具…。

そんな些細なことで?というような思わぬところから特定されてしまうことも。

写真を投稿する前に、一度立ち止まって「これは大丈夫かな?」と考えるクセをつけることが大事です。

写メ日記の注意点についてより詳しく知りたい方はこちら。

案外こういった普段の生活でこそボロがでやすいもの。アリバイ対策がしっかりしているからといって油断せず、しっかり自分でも日々身バレ防止に努めましょう。

こちらではごく最低限の身バレ対策になりましたが、より詳しく知りたい方はこちらの記事も参考にしてみてください。

お店がどんなアリバイ対策をしているかに注目してみよう

このように一口にアリバイ対策といっても、比較的ライトなものから凝ったものまで幅広くあります。

今やほとんどのお店がアリバイ対策に対応してくれていますが、そのお店が「どんなアリバイ対策をしているか」にも注目してみてください。

絶対に身バレしたくない!という慎重派の方は、アリバイ会社と連携しているお店選びがお勧めです。

もちろん、お店の待遇はアリバイ対策以外にもたくさんあるので、自分にとってここだけは譲れない!という条件からぴったりのお店を見つけてください♪

この記事を読んで、やっぱりアリバイ対策を行っているお店がいいな♪と思った方は、こちらから!

アリバイ対策のある仕事を探す

The following two tabs change content below.
wakeshi

wakeshi

神社仏閣巡りが好き。返納忘れのお守りが山となり、逆効果な気がしている今日この頃。墓には御朱印帳を入れてほしい。