結局デリヘルってどういうお仕事なの?流れ、給料、メリット・デメリットを解説!【風俗未経験の女の子必見!】

風俗で働いたことがない女の子に向けた「デリヘルのお仕事」を紹介しています。 出勤してから接客、お別れまでの流れ、1本いくら稼げるのか、デリヘルで働く上ので注意点を解説します! どんな女の子がデリヘルで働くのに向いているのか、メリット・デメリットもチェックしておきましょう。

この記事に関連した求人

「風俗と言えば」で多くの人がイメージするのは『デリヘル』でしょう
だけど風俗にあまり関わってこなかった人からすれば、具体的に何をしてどこまでするものなのかはわからないと思います。どの業種においても「本番行為」は禁止されていますが、すると思っている人も少なくないでしょう。

また、デリヘルは風俗店の中でも一番店舗数が多い業種であり、都市部でなくてもどの地域でも店舗があるほどどこにでもある業種です。そしてソープより高額ではないがピンサロやオナクラよりも高収入を得られる業種でもあります。風俗未経験の女の子にとってポピュラーな業種が「デリヘル」と言えます。

と、いうことわけで「デリヘル」がよくわからないけど風俗のお仕事に興味を持っている女の子に向けて、お仕事内容・お給料・メリットなどを解説していきます!

※お店によって部分的に異なりますが、基本的な流れで解説します。

デリヘルのお仕事の流れ

①出勤&待機

デリヘルの仕事は、まず事務所に出勤するところから始まります。

仕事が入るまで待機所で待機します。待機には<個室待機>と<集団待機>があります。

個室待機>はネットカフェのブースのようになっている部屋パーテーションで区切ったスペースになっているものまで様々。どれにおいてもプライベートな空間を確保しているので、周りは気になりません。

集団待機>は大部屋で他の女の子と同室になります。相部屋ですが特に気を遣う必要もなく自然体で過ごしていただけます。

自宅待機>できるお店もあり、その場合『お仕事が入ったら車で迎えに行って派遣先に向かう』といった流れになります。

待機中はスマホをいじっててもいいし、寝ててもいいし基本的に自由です。

②出向

お仕事が入ったらお店の車で指定の場所(ホテル自宅)に向かいます。

お店によって異なりますが、基本的にはその区域が派遣エリアです。お店に相談すれば行きたくないエリアも設定できるので、身バレ対策になります。
自宅に派遣する場合は、事前に「お風呂があるか(シャワーが使えるか)」など女の子が派遣しても問題ないか確認しています。

到着したら、プレイのコースを確認して料金をいただきます。キャストが部屋に行く前に男性のドライバーが料金の受取をする場合もあります。

③接客開始!

シャワーで洗体

お客様と対面、挨拶したら一緒にシャワーに移動して洗体してあげます。

上半身から洗って下半身も丁寧に洗ってあげましょう。口内殺菌も特に忘れずに
身体の汗や汚れを落とし、殺菌することが目的なので、頭は洗いません。
デリヘルは口や下半身を使ったサービスがメインなので、しっかり洗わないと衛生的にリスクが上がります。細部までちゃんと洗えばOK。

お店から石鹸やイソジンなどの殺菌効果が高く、身体に影響が出にくいものを支給されるのでホテルや自宅に置いてあるものは使わずお店のアイテムを使いましょう

ベッドに移ってプレイ

タイマーをセット。コースに合わせてサービスしていきます。

デリヘルのプレイ内容はスタンダード店であれば、キスフェラチオ手コキシックスナイン全身リップ口内射精素股などです。

例えば、巨乳がウリのお店だと”パイズリ”などのプレイがあったり、ハード系だと”即尺(入室してすぐにフェラ)”などのプレイがあります。

オプションには、コスプレ・パンスト破り・ローター・電マ・オナニー鑑賞・ごっくん・聖水・AF(アナルファック)などがあります。
オプションはできないオプションはNGにできるので、自分が出来る範囲を設定できます。

プレイ中にお客様から「もっとこうして欲しい」といった要望があれば臨機応変に応えてあげましょう。できないことの要望をしてきたらお断りしてください。

プレイ後

射精まで終わったらシャワーで体を流してあげます。
時間が余っていればおしゃべりをして過ごすのもOKです。

④待機所に戻る

時間が来たらお客様とお別れします。
お店に連絡し、迎えの車で待機所に戻ります。

そして次のお仕事が入るまで待機します。

これの繰り返しになります。

「こんな人にピッタリ!」デリヘルに向いている人

どんな人がデリヘルで働くのに向いているか挙げていきます。

「週に1回だけの出勤」や「1日3時間のみの勤務」でも働きたい

「お金を貯めたい」や「この日まで」など目標がある

頑張った分だけお給料が欲しい

人としゃべるのが好き、もしくは初対面でもおしゃべりできる

プレイの良し悪し云々より「お客様のことを想って頑張ろう」という気持ちがある

ずっと同じ場所にいるのが苦手

何かしら当てはまる女の子は「デリヘル」に向いています。

女の子によく思われているのが「可愛くないと指名されない」とか「若くないと採用されない」だとかの外見のことが多いです。

しかし、どの店舗において外見よりも<内面>を重視しています

実はお客様は外見よりも、笑顔優しさ一生懸命さなどで満足度が変わります。どんなに容姿端麗でも内面が伴っていなければ全然稼ぐことができないということです。

お給料イメージ

デリヘルは歩合給なので、接客の本数でお給料が決まります。

また、1本といってもコース時間指名・オプションの有無スライド制度によって金額も変わってきます。

・指名料・オプション料は、全額バックのお店も多く、大体1,000円~です。
・スライド制度とは、指名数や出勤数などの条件をクリアするとバック率が上がっていくシステムです。スライド制度があるお店とないお店があるので、そこは要確認です。

なので、同じ60分のコースバックでも10,000円以上の差が出ることもあります

そしてお給料は日払い制なので、帰りに手渡しで支払われます。

相場としては、日給35,000円以上で、月に80万円以上稼ぐ女の子も少なくありません。

デリヘルで働くメリットとデメリット

デリヘルのメリット

・24時間営業なので、早朝/深夜の時間帯でも働ける。しかも自由シフト制なので、好きな時間で出勤できる。電車がない時間帯は送迎してくれる。

・風俗業界の中でも客数が多いから時期を問わず稼ぎやすい

・コンセプトやお店のタイプが豊富だから自分に合うデリヘルで働ける

短時間でも高収入を稼げる

デリヘルのデメリット

・会うまでどんな男性なのかわからない

・トラベルが起きたときにスタッフ(ドライバー)がすぐに駆けつけてこれない

・派遣先~待機所の移動時間はお給料が出ない

トラブル対策(性病、身バレ)を怠るとリスクを負いやすい

などなど…
他にもありますが、代表的なメリット・デメリットを紹介しました。

ファッションヘルスとホテルヘルスの違い

似たようなヘルス業種で「ファッションヘルス(店舗型ヘルス)」と「ホテルヘルス(ホテヘル)」があります。
サービス内容は「デリヘル」と同じですが、お仕事する場所や流れ、お店の業態が異なります。

簡単に言うと…

・ファッションヘルスは、ホテルや自宅ではなく、全てお店の中(実店舗)で完結するもの。
・ホテルヘルスは、自宅には派遣せず受付(待機所)から徒歩圏内にあるホテルのみに派遣してサービスするもの。

となっております。

もちろんそれぞれのメリットやデメリット、向き不向きがあります。

コチラで詳しく解説しているので「絶対デリヘル!」となっていない方はチェックしてから決めることを推奨します。


ヘルス(ファッションヘルス・箱ヘル)の仕事内容を詳しく紹介!気になるお給料は!?ソープとの違いは? 


風俗未経験でもわかる!ホテヘル(ホテルヘルス)の仕事内容を徹底解説!

「はじ風」でデリヘルの求人をまとめてチェック!

「デリヘル」の大まかなお仕事内容がわかったところで、次は「応募」する段階になります。

応募のコツは?どういう流れ?面接でも裸になるの?

これらについても抜かりなくコチラで解説しています!


裸にならなきゃダメ?! 風俗バイト「面接の流れ」を徹底解説!【デリヘル/ソープ】

はじ風」では掲載しているデリヘルの求人を全国を対象にまとめてチェックできます。

<個室待機>や<寮完備>など待遇を絞って検索できます。

まずはどんなお店があるのか見てみるところからはじめてみましょう♪

「デリヘル」の求人はコチラ

はじ風TOP

The following two tabs change content below.
Timmy

Timmy

幅広いニーズに柔軟に応えるWebライター。コツコツ型。知らないジャンルもしっかり調べてなんでも書きます!アイコンはみんな大好きチーズケーキ。差し入れ大歓迎~(*´○`)♪